楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS9.0.2でロック画面を迂回出来る脆弱性(バグ)が修正されている

cat (1)
スポンサードリンク

iOS9.0.2のAppleサポートドキュメントを確認したところ、ロック画面をSiriを使って迂回できる脆弱性が修正されていることが判明しました。
この件については、日本で配信されたiOS9.0.2のリリースノートでは、一切記載されていないようです。
迂回バグを懸念していた方にとっては、朗報かもしれません。

ロック画面を迂回できる脆弱性

この脆弱性は、パスコードロックの解除を意図的に4回失敗させ、5回目の入力で最後の1桁を入力する際に、タイミングよくSiriを起動することで、本来はアクセスが出来ない連絡先やメールを開くことが出来るといった問題がありました。

Youtubeで公開され、様々なブログやメディアで取り上げられていました。

Apple サポートドキュメント

Lock Screen
Available for: iPhone 4s and later, iPod touch (5th generation) and later, iPad 2 and later

Impact: A person with physical access to an iOS device may be able to access photos and contacts from the lock screen

Description: A lock screen issue allowed access to photos and contacts on a locked device. This issue was addressed by restricting options offered on a locked device.

CVE-ID
CVE-2015-5923

引用:Appleサポートドキュメント

ざっくり意訳すると「ロックされた状態のデバイスで、写真や連絡先にアクセスできる状態だったけど、ロック時のオプションを制限して対処したよ。」みたいなことが書かれています。
恐らく、ロック画面自体を写真や連絡先にアクセスできない仕様に変更したものと思われます。

iOS9.0.2の一般的なアップデート詳細(リリースノート)については、以下の記事を参考にしてください。

【速報】iOS9.0.2がリリース 不具合の解消が中心のアップデート【速報】iOS9.0.2がリリース 不具合の解消が中心のアップデート

つぶやき

kogoto_prof

リリースノートは、脆弱性やセキュリティに関する細かな内容までは記載されません。
iOS8.4のときは、サポートドキュメントで43の脆弱性の修正が発表されて、度肝を抜かれた記憶が..

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top