楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS9】パブリックベータからダウングレードしてiOS8.4に戻す方法

cat1-1
スポンサードリンク

今回はiOS9のパブリックベータ版(iOS 9 Public Beta X)から、ダウングレードして一般配布されているiOS8.4に戻す方法を解説します。
手順自体は長いですが、操作自体は簡単な内容になっています。

iOS8.4に戻す手順

必要な物

  • iOS 9 Public Beta XがインストールされているiPhone
  • iOS 8.4をインストールしていた時のバックアップが残っているiTunes(PC)
  • Lightningケーブル
  • インターネット環境

手順

iOS 9 Public Beta XをインストールしているiPhoneの電源をオフにする。
th_th_1

LightningケーブルをPCと接続。
th_th_2

iTunesを起動する。

ホームボタンを押し続けながらLightningケーブルをiPhoneに接続する。(自動で電源がオンになります)
th_th_3

iTunesに接続の画面が表示されたら指を離す。
th_th_4

iTunesに表示された「アップデートまたは復元を必要としている〜」の「復元」をクリック。
th_th_5

「復元とアップデート」をクリック。
th_th_6

iOS8.4に関するリリースノートが表示されるので「次へ」をクリック。
th_th_7

規約が問題無いのであれば「同意します」をクリック。
th_th_8

iOS8.4のダウンロードが終わるまで待機してください。
(ダウンロード状況を表すインジケータは表示されません)
th_th_9

Macであれば、アクティビティモニタからiTunesのダウンロード(ネットワーク通信)状況を確認することが出来ます。
th_th_10

※ 2015/07/24 追記
ダウンロード状況はiTunes右上の下矢印ボタンから確認できるようです。
コメントありがとうございます。

わかりやすくまとめていただいて助かりました。
実際やってみたら、iOS8.4のダウンロード状況はiTunes右上のダウンロードアイコン(下矢印みたいなやつ)をクリックすると出てきましたよ。
投稿者:iNee

iOSのダウンロードが完了すると自動でインストールが始まります。
th_th_11

iTunesから復元する場合

iOSのインストールが終えた後に、iTunesでAppleIDとパスワードを入力してアクティベートする。
th_th_12

バックアップを選択して「続ける」をクリックするとバックアップが始まります。
th_th_13

iCloudから復元する場合

iPhoneでiOSのセットアップを指示通りに進めていき「iCloudバックアップから復元」をタップすると、iCloudに保存してあるデータから復元することができます。
※ 途中Apple IDの入力や秘密の質問の入力が求められる場合があります。
th_th_14

つぶやき

kogoto_prof
記事はiOS8.4を例としていますが、この手順自体はiOSが変わっても大きく変化は無いので使い回しが出来ます。
iOS9は例年通りであれば今秋にリリースされることになると思います。
またリリース日は徹夜で更新するので、見に来て下さいね。
コメント6件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. わかりやすくまとめていただいて助かりました。
    実際やってみたら、iOS8.4のダウンロード状況はiTunes右上のダウンロードアイコン(下矢印みたいなやつ)をクリックすると出てきましたよ。

    • コメントありがとうございます。
      ダウンロード状況の確認方法まで教えて頂いてありがとうございました。
      追記させて頂きます。

  2. iOS8の時にとっておいたバックアップがないんですが、iOS9の際のバックアップでダウングレードするのは不可能なんでしょうか??

    • 実際に検証していないので自己責任の上、実施して頂くことになりますが、iOS9のバックアップデータがあるのであれば、記事通り工場出荷状態に初期化を行い、その後バックアップデータから復元をすることで、パブリックベータから抜け出せる「はず」です。
      (iOS9.Xパブリック → iOS9.0.2 ※データはバックアップ時のものが移行される)

  3. わかりやすく有難うございます。
    メモがMacのYosemiteとiOS9では I cloudで同期しなくなり困っていました。
    MacのEl Capitanへのバージョンアップは、Appleのコールセンターで様子をもう少し見てと言われました。
    (ただ、色々な考えがあるのでなんとも)
    auが定型してるアプリケーションLookoutからiOS9に入ってるApp Storeの中のアプリに「XcodeGhost」が発見されましたと報告あり、Appleコールセンターに問い合わせたところ、私はCSと言うアプリが対象なので削除しました。
    たまたま、Apple IDは変えた所で、今はアプリのCSは改善されるまで、App Storeからはダウンロード出来ないとのこと。
    ウィルスの怖れがあるアプリは殆ど中国のものでした。日本ではCSが使ってる人、多いかな???アップデートが必ずしも安全策では無いのにビックリしたのと、Appleで「XcodeGhost」の怖れがあるApp Storeのアプリの発表の一覧はApple公式では、インターネットに掲載しつ無いそうです。
    ただ、今は怖れのあるモノはダウンロード出来ないとの事なのでパニックになる必要はそんなにないみたいですがCSのアプリは削除してとAppleから指示がありました。少しiOS8に戻すのが良さそうです。有難うございます。詳しくないのに書き込みすいません(;´Д`)

    • 中国では開発環境「Xcode」をダウンロードすることに時間が掛かることもあり、
      有志が配布しているXcodeを利用するユーザーが多く、「XcodeGhost」が紛れ込んだようですね。
      日本人がデペロッパーのアプリに関しては心配しなくても良さそうですが、デペロッパーが中国系の方のアプリを使っているのであれば、該当のアプリが「XcodeGhost」の対象となっていないか、確認したほうが良いのかもしれませんね。
      (アプリ名 XcodeGhost とかで検索すると、感染アプリだと何かしらの記事がヒットすると思います)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top