楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】写真を削除しても容量が増えないのは「最近削除した項目」が原因かも?

cat (1)
スポンサードリンク

早ければ9月中旬〜下旬にもiOS9がリリースされます。
本体の空き容量を確保するために、iPhoneに保存してある写真やアプリを整理される方も増えると思います。
もし写真を削除してもストレージ空き容量が増えないのであれば、もしかするとiOS8から利用できるようになった「最近削除した項目」が原因かもしれません。

写真を削除しただけでは容量は確保できない

iPhoneに保存してある写真の容量は[設定] → [一般] → [使用状況] → [ストレージを管理 (iCloudeでは無い方) ] → [写真とカメラ] から確認することができます。
th_IMG_0029

写真アプリのアルバムから約2,300枚の写真を削除してみます。
枚数からしてギガ単位で容量が使用容量減るはずですが..
th_IMG_0030

再度ストレージ容量を確認すると、削除前の4.2GBのまま変化がありません。
th_IMG_0031

原因はiOS8から標準機能になった「最近削除した項目」です。
アルバムから写真を削除しても、すぐにはiPhoneから削除されず30日で自動削除がされる「最近削除した項目」に移動するため、自身で完全に削除しない限りストレージ容量がすぐには増えません。
th_IMG_0032

容量をすぐに確保したいのであれば、最近削除した項目右上の[選択]をタップ。
th_IMG_0033

左下の[すべて削除]をタップ。
th_IMG_0034

[XXX項目を削除]をタップ。
* タップした時点で写真が復元できなくなるので、重要な写真が含まれていないか必ずチェックしてください。
th_IMG_0035

再度ストレージ容量を確認すると、写真の使用容量が減ったことを確認することができます。
th_IMG_0038 (1)

つぶやき

kogoto_prof
スクリーンショットを頻繁に撮影されるのであれば、写真アプリの使用容量があっという間に数GBに達するので、空き容量に余裕があったとしても一度写真アプリの使用容量をチェックしてみてください。
溜め込みすぎると後々整理せざる得ない状況になったときが本当に面倒ですよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top