楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【最新版】iCloudでiPhoneのバックアップをする方法

cat (1)
スポンサードリンク

今回はパソコン(PC)が無くてもできる、iPhoneだけでバックアップをする方法を解説します。
iOSのアップデート前は勿論ですが、常日頃からバックアップを作成する習慣を付けておくことで、万が一デバイスに大きな問題が起きてしまっても、大事なデータを失わずに済みます。

iCloudバックアップの手順

記事を読み進めながら、実際にiCloudバックアップをしたい場合は、予めiPhoneをWi-Fiに接続しておいてください。
th_IMG_2126

「設定」→「iCloud」をタップ。
th_IMG_2127

「バックアップ」をタップ。
th_IMG_2128

「今すぐバックアップを作成」をタップ。
th_IMG_2129

※ iCloudバックアップのトグルをオンにすると、ロック状態のiPhoneがWi-Fiに接続された状態で電源に接続されていれば、自動でバックアップが作成されるようになります。

バックアップが完了するまでは多少時間が掛かります。
th_IMG_2130

バックアップが完了したら、しっかりとiCloud上にバックアップが保存されているか確認しましょう。

「設定」→「iCloud」→「容量」の順にタップ。
th_IMG_2131

「ストレージを管理」をタップ。
th_IMG_2132

バックアップをしたデバイスの項目をタップ。
th_IMG_2133

最新のバックアップが、バックアップをした日時になっているか確認する。
th_IMG_2134

つぶやき

kogoto_prof

大きなトラブルが起きて、データが損失してしまってから後悔しても遅いので、必ずバックアップは作成するようにした方が良いです。
特にiOSのアップデート前は、アップデート後に不具合が生じる可能性も0では無いので、バックアップを忘れないようにしてくださいね。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top