楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Facebook】アカウントのセキュリティチェックが出来る「セキュリティチェックアップ」の使い方

cat
スポンサードリンク

Facebookがアカウントのセキュリティを簡単にチェックできる「セキュリティチェックアップツール」を公開しました。
執筆時点ではPC版のみ公開されていますが、iPhone(iOS8以上)のSafariであればiPhoneからでも利用することが出来ます。
簡単にアカウントのセキュリティを向上させることが出来る便利なツールになっています。

セキュリティチェックアップの使い方

セキュリティチェックアップでは、次の3ステップを簡単に行うことができます。

  • 使用していないアプリからのログアウト。
  • ログインアラートの確認。
  • パスワードの見直し。

これら3つの操作が1つの画面から行えます。

セキュリティチェックアップへのアクセス方法

今回はiPhone(iOS8.4)のSafariを使って解説しますが、PCでアクセスした時と操作は全く同じなので、この記事をPCで見て頂いているのであれば今お使いのブラウザからでも利用可能です。

セキュリティチェックアップツール(https://www.facebook.com/help/securitycheckup)をSafariで開き、URLバーをタップ。
※ PCアクセス時はURLバーのクリックは必要ありません。
th_IMG_1568

下にスワイプすると表示される「デスクトップ用サイトを表示」をタップ。
※ PCアクセス時はこの手順を飛ばしてください。
th_IMG_1569

「セキュリティチェックアップを開始」をタップ。
th_IMG_1570

Facebookアカウントでログインをする。
th_IMG_1571

“使用していないアプリからのログアウト”の「すべてログアウト」をタップすると、リストアップされた最近使用していないアプリから一括でログアウトすることが出来ます。
※ リストアップされたアプリから再度Facebookアカウントにアクセスする場合は、ログインが必要になります。
th_IMG_1574

“ログインアラートをオンにする”の「アラートをオンにする」をタップすると、新しいデバイスやブラウザからFacebookアカウントにログインされた時に通知を受け取ることが出来るます。
th_IMG_1576

パスワードは必ずしも変更する必要はありませんが、強度の低いパスワードを設定している場合は「パスワード変更」をタップして変更してください。
th_IMG_1578

パスワードは変更頻度よりも強度を大事に

セキュリティチェックアップツールにも“パスワードの強度は変更の頻度よりも重要です”と書かれているように、パスワードの強度を強くするだけでも不正アクセス被害に遭う可能性を低くすることが出来ます。
大文字小文字の英語、不規則な数字の羅列、%&/+などの記号を混ぜたパスワードを設定すると良いです。
また、最低でも12〜16文字程度は設定しておきたいところです。
(サービスによって設定できるパスワード文字数は異なります)

複雑なパスワードを暗記するのは大変なので、1Passwordなどのパスワード管理アプリを使うと便利です。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
コメント:基本無料ですが一部機能はアドオンでのロック解除が必要です。
AppStoreからダウンロード

つぶやき

kogoto_prof
1画面で様々なセキュリティ設定を再確認出来るのは便利ですね。
Facebookは設定が多いので、1つ1つ設定から見直そうとすると意外と時間がかかるものです。
不正アクセスの被害に遭わない為にも、是非一度利用してみてくださいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top