楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【高額契約】auショップで1度に約12万円の契約を結ばされる!?

cat
スポンサードリンク

またもやauショップで高額の契約を結ばされたとニュースになっています。
今回はなんと総額約12万円にもなる高額な契約。
auショップの浮き彫りになる販売方法の問題。
きっと似たような契約を結ばされた方は、今回の方に限らず多数いらっしゃるような気がします。

↓原文を書き出しました。下部に原文PDFへのリンクがあります。

要望に至る相談内容

1.相談内容
・相談者属性 30代/女性 ・契約日 平成25年8月
・契約内容 一度に下記6個の契約をした。

①スマートフォン(iPhone5) 通信契約

契約内容:
・基本使用料LTEプラン 1,961円(「誰でも割」適用時980円/月)
・パケット通信量定額サービス  5,460円/月(スタート割適用)
・LTENET 315円/月
・電話きほんパック 315円/月(留守電、迷惑電話、3者通話等)
・テザリングサービス 525円/月(最大24ヶ月無料)
・ビデオパス 590円/月
・Apple保障サービス 525円/月(23回、総額12,600円)
▽毎月割 割引額 1,750円/月(最大24ヶ月42,000円)

②スマートフォン(iPhone5)物販契約

契約内容:
・本体 51,360円
・液晶保護フィルム 1,260円
・ポータブル充電器 8,085円
・SDカード等リーダー/ライター 9,765円
備考:
・当初の見積もりに含まれており、さらに充電器が同梱されている説明が無く、充電するには必要と認識。
・当初の見積もりに含まれており、旧端末からのデータ移動時に必要と受けた。

③タブレット(AQUOS PAD)通信契約

契約内容:
・基本使用料LTEダブル定額 for Tab
 ▽1,575円〜6,555円(誰でも割適用)
 ▽525円〜5,505円(スマホセット割適用)
 ▽0円〜4980円(ゼロスタート割)→最大24ヶ月無料
・LTENET 315円/月(データ通信の利用のない月は無料)
・au wi-fi Spot 490円/月(最大2年間無料)
▽毎月割 割引額1,680円/月(最大24ヶ月 40,320円)
▽auスマートバリュー
備考:
・通信契約については一切説明なく、契約した認識なし。

④タブレット(AQUOS PAD)物販契約

契約内容:
・本体 39,900円
・液晶フィルム 1,470円
・ケース 4,095円
・マイクロSDカード 5,250円
備考:
・購入した本体は違うメーカーの商品と認識していた。

⑤モバイルデータ通信機器(Wi-Fi WALKER WiMAX)通信契約

契約内容:
・WINシングルフラットWiMAX
▽シングルおトク割
▽auスマートバリュー
→10MBまで390円が0円
→上限ありの定額制(金額不明)
備考:
・外でタブレット等使う際に必要と説明。
・本体は無料
・使わなければ通信量無料と説明

⑥ホーム無線LAN機器(HOME SPOT CUBE)レンタル契約

契約内容:
・無料レンタル

契約本数と金額

契約本数:6本
合計金額 121,185円

相談内容

子供が使用するスマートフォンを機種変更するため、お店へ行った。
契約内容の見積もりを見せられて、現在の契約と最新機種に機種変更した場合の契約とでは、700円しか変わらないと勧められたため契約をした。
また、機種変更に合わせてタブレット、モバイルデータ通信機器も勧められ、タブレットは家のインターネット回線を使えば通信量無料、モバイルデータ通信機器も必要なときだけ利用し、使わない月は無料で持てると勧められ、無料なら家にあっても良いかと思い契約した。
しかし、自宅に戻りよく考えると、タブレットやモバイルデータ通信は不要であり、またスマートフォンの箱を開けると充電器が同梱されていたのでポータブル充電器は要らないので返品したい。ちなみに、自分はスマートフォンを持っている。

処理経緯

相談者の聞き取りを行い、販売店、KDDI株式会社のお客様相談室へ連絡して、事実を確認するため、相談者、販売店、KDDI株式会社滋賀支店、市民生活相談課による4者面談を実施した。
事実確認を行った結果、最初に提示された見積書には、スマートフォンの本体価格だけではなく、ポータブル充電(8,085円)、カードリーダ(9,765円)が含まれている事がわかった。
また、タブレットも「通信量無料」との言葉に誘われ本体代のみ支払えばいいと理解し契約したが、実際にはタブレット機器自体にも通信機能がついているため、その通信契約もされていた。
そのため、タブレット機器自体の通信回線を使い通信を行えばタブレットの通信費用が発生し、さらに2年後からはタブレットを使わなくても通信契約の基本料金が発生する契約であった。
さらには、購入したタブレットもipadminiであると誤解している状態だった。
モバイルデータ通信契約も「外でタブレットを使いインターネットを利用する際に必要」、「使わなければ無料」と言われとりあえず契約した。
これも、2年後には使わなくても通信契約の基本料金が発生する契約となっていた。
ホーム無線LAN機器も無料のレンタルのため契約したが、設定できなかった。

..これ以降は原文をご確認ください。
リンク:KDDI株式会社に対する携帯電話等の販売方法の改善に関する要望書の提出について

問題は山積み

原文を読んでいると携帯の販売方法の問題が見えてきます。

  1. 通信契約や本体の物販契約にオプション契約を合わせた形の合計金額で契約を結ぼうとしている。
  2. 契約者が実際に「タブレットとはどういったものなのか」「どんなものなのか」も説明もせず、「知識がある事を前提」として関連商品を販売している。

複雑

今は携帯電話の契約プランは本当に複雑です。
様々なオプションや関連商品まで一度に契約してしまうと、尚更複雑に。
キャリアショップは購入者に対して金額がわかりやすい販売方式を取らない限りは、このような事例が今後も出てくると思います。
個人的には「安く契約ができるショップ」ではなくて、安心して契約できるような「信用の出来る」のキャリアショップで購入したいと考えています。

驚いた

「タブレット」の購入で契約者は「iPadmini」だと思っていたと書かれています。
ということは、店員の「タブレットに関する説明」そのものが欠落していたのでしょうか。
普通であれば現物を見せたり、機種名ぐらい説明しますよね。
iPadminiと思わせるようなセールスをしていたのかは謎ですが、「雑な接客」だったように思えます。

参考:【悲報】30代女性(情弱) auショップでiPhoneなのに1万のSDカード等、1度に12万円の契約を結ばされる

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top