楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】watchOS 4.0.1アップデートがリリース LTE通信が出来なくなる問題が修正

watchos_20171005 (1)
スポンサードリンク

AppleがApple Watch Series 3のセルラーモデル向けに、watchOS 4.0.1をリリースしました。今回のアップデートでは、LTE通信が出来なくなる問題などが修正されています。

未認証のWi-Fiネットワークに接続する問題が修正へ

Apple Watch Series 3のセルラーモデルで、一部LTE(キャリア回線)に接続することが出来なくなる問題が報告されていました。

これはApple Watch単体で外部通信を行うと、過去にiPhoneで認証した“認証手続きが必要なWi-Fiネットワーク(契約IDやパスワードを要求するようなタイプ)”への接続優先順位が“LTE接続”よりも高く設定されていたことが原因だったようです。

執筆時点ではwatchOS(Apple Watch)に、認証手続きが必要なWi-Fiネットワークの設定が出来る機能が無く、結果的にApple Watch単体でWi-Fiネットワークの認証を通ることができず、LTE通信までに辿り着くことが出来なかった模様。

Eventually, the company issued an official statement, acknowledging the issue. “We have discovered that when Apple Watch Series 3 joins unauthenticated Wi-Fi networks without connectivity, it may at times prevent the watch from using cellular,” an Apple spokesperson said in an emailed statement.

引用:iMore

今回のwatch OS 4.0.1は、上記問題に対処したアップデートとなっており、“認証が必要なWi-Fiネットワーク”に接続しないよう制限が行われたようです。

watchOS 4.0.1には、まれにApple Watchが未認証のキャリアティブWi-Fiネットワーク(コーヒーショップやホテルなどの公共の場所で利用可能なネットワークアクセスの前に認証・登録のためのWebページに転送されるもの)に接続してしまう問題の修正が含まれます。

なお今回のwatchOS 4.0.1は、LTE通信に関する問題が生じていた”Apple Watch Series 3のセルラーモデル”にのみ配信されているようで、ほかのモデルについては”watchOS 4.0″が最新バージョンとなっています。

watchOS 4.0.1のアップデート条件と手順

watchOS 4.0.1にアップデートする場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
  • 親機のiPhoneがiOS11にアップデート済みであること

アップデート手順は次を参考にしてください。

  1. Apple Watch管理アプリ「Watch」を起動する。
  2. th_IMG_2960 (1)

  3. マイウォッチから一般をタップ。
  4. th_IMG_2961

  5. ソフトウェア・アップデートをタップ。
  6. th_IMG_2962

  7. ダウンロードとインストールをタップ。
  8. 1_watchos_install_20170920_up (1)

  9. iPhoneのパスコードを入力。※パスコードロックがオンの場合のみ。
  10. th_IMG_2964

  11. 規約が読んだ上で同意するをタップすると、watchOS 4のダウンロードが始まります。
  12. th_IMG_2965

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top