楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch/Apple TV】watchOS 3.2 beta 2とtvOS 10.2 beta 2が開発者向けにリリース!

watch-tv-20170207 (1)
スポンサードリンク

本日Appleは開発者向けに、watchOS 3.2 beta 2 (14V5214d)とtvOS 10.2 beta 2 (14W5231d)をリリースしました。また同時にiOS 10.3 beta 2(14E5239e)もリリースされていますが、こちらについては別記事でまとめています。

watchOS 3.2 beta 2については、デベロッパーのダウンロードページより、iPhoneに構成プロファイルをインストールしたのち、WatchアプリからwatchOS 3.2 beta 2のダウンロード・アップデートを適用することが出来ます。なおアップデートには、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上あり、iPhoneをWi-Fiに接続する必要があります。

watchOS 3.2ではシアターモードが追加

今回配信されたwatchOS 3.2 beta 2では、新機能の追加などは確認されていませんが、前回のwatchOS 3.2 betaでは画面の点灯をオフにすることができる、シアターモードなどが追加されています。

  • シアターモード:Apple Watchをミュートにし、腕を挙げることで画面が点灯する「Raise to Wake」を無効できる機能です。シアターモード中は通知を触覚フィードバックで受け取ることができ、画面をタップするかデジタルクラウンを押すことで確認することが出来ます。
  • SiriKit:Siriを使ってメッセージの送信、決済、配車サービスの利用、電話の発信などが出来るようになります。

参考:Apple Seeds Second Beta of watchOS 3.2 to Developers(MacRumors)

バージョン ビルドナンバー リリース日
watchOS 3.1.3 正式版 2017年1月24日(火)
watchOS 3.2 beta 1 14E5230e 2017年1月31日(火)
watchOS 3.2 beta 2 14V5214d 2017年2月7日(火)

tvOS 10.2はバグの修正や機能向上が主になる見込み

tvOS 10.2については、バグの修正や機能向上が主となります。
執筆時点ではモバイルデバイス管理 (MDM) 対応化や、Siri Remoteを使ったスクロール操作の高速化などが明らかになっています。

  • UIKitおよびTVMLKitアプリケーションのスクロールの高速化
  • デバイス登録プログラムのサポート
  • 拡張モバイルデバイス管理のサポート
  • VideoToolboxフレームワークのサポート
  • Accelerated Scrolling support for UIKit and TVMLKit apps
  • Device Enrollment Program support
  • Expanded Mobile Device Management support
  • Support for the VideoToolbox framework

引用:tvOS 10.2 beta 2 rolling out for Apple TV(9to5mac)

Device Enrollment Program とは何ですか?
Device Enrollment Program をご利用いただくと、デバイスのアクティベーション時にモバイルデバイス管理 (MDM) への登録や監視が自動化され、管理者がデバイスに実際に触れなくても管理を徹底でき、初期設定が合理化されます。
引用:Device Enrollment Program に関してよくお問い合わせいただくご質問 (FAQ)

バージョン ビルドナンバー リリース日
tvOS 10.1.1 正式版 2017年1月24日(火)
tvOS 10.2 beta 1 14W5222d 2017年1月25日(水)
tvOS 10.2 beta 2 14W5231d 2017年2月7日(火)
コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top