楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】watchOS 3.1がリリース アップデート詳細とアップデート方法

085_watchOS 3 (1)
スポンサードリンク

本日AppleはApple Watch向けに、watchOS 3.1のアップデートをリリースしました。今回のアップデートでは、Apple Watch Series 2でApple Payが利用できるようになった他、幾つかの機能追加や修正が行われています。今回は早速watchOS 3.1のアップデート詳細やインストール条件について解説します。

watchOS 3のアップデート詳細(リリースノート)

  • 日本で販売されるApple Watch Series 2でApple Payが利用できるようになり、店舗やAppでクレジットカードやプリペイドカードでのお支払が可能
  • 日本全国で、Suicaによる交通機関や店舗での支払に対応
  • Apple Payを利用して、WalletでSuicaにチャージしたり、定期券を更新することが可能
  • “メッセージ”Appで、”吹き出し”およびスクリーンエフェクトを再生する新オプションを追加
  • “視覚効果を減らす”がオンの時でもメッセージのエフェクトの再生が可能
  • タイマー終了が2回通知されてしまう問題を修正
  • Apple Watch Series 2が完全に充電きでない問題を修正
  • アクティビティリングが文字盤から消えてしまう問題を修正
  • 他社製のAppで、Force Touchのオプションが表示されない問題を修正

機能追加の目玉としては、やはりApple Watch Series 2でApple Payの対応でしょうか。iPhoneをポケットや鞄から取り出す必要が無くなるので、Apple Payを今後頻繁に活用するユーザーであれば欠かせない機能となりそうです。また一部ユーザーから報告が挙がっていた、充電周りに関する不具合も解消されているようです。

watchOS 3.1のアップデート方法

追記
次の解説画像はwatchOS 2の時のものですが、watchOS 3.1のアップデート手順と違いはありません。

Apple Watch管理用アプリ「Watch」を起動する。
th_IMG_2960 (1)

マイウォッチから「一般」をタップ。
th_IMG_2961

「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
th_IMG_2962

「ダウンロードとインストール」をタップ。
IMG_1172_up (1)

iPhoneのパスコードを入力。
※パスコードロックがオンの場合のみ。
th_IMG_2964

規約が問題無ければ「同意する」をタップ。
th_IMG_2965

watchOS 3のダウンロードが始まります。
th_IMG_2967

なお、アップデートには以下の条件を満たしている必要があります。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top