楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】watchOS 3.2.2アップデートがリリース CVE番号基準で12件の脆弱性が修正

watchOS_20170516_up (1)
スポンサードリンク

本日AppleがApple Watch向けに、watchOS 3.2.2アップデートの配信を開始しました。今回のアップデートは新機能の追加はされておらず、不具合や脆弱性の修正など、小規模なアップデート内容となっています。

watchOS 3.2.2のアップデート詳細と脆弱性について

watchOS 3.2.2のリリースノートは次の通りとなっています。メンテナンスバージョンの更新ということもあり、新機能追加等の記載はされていません。

このアップデートには問題の改善およびバグの修正が含まれます。

このアップデートのセキュリティContentについては、次のWebサイトをご覧ください。
https://support.apple.com/ja-JP/HT201222

またwatchOS 3.2.2では“アプリケーションが制限されたメモリを読み取る可能性”など、CVE番号基準で12件の脆弱性が修正されています。

種類 カーネル
対象 すべてのApple Watchモデル
影響 アプリケーションが制限されたメモリを読み取る可能性があります。
解説 入力のサニタイズ処理を改善し、検証の脆弱性に対処しました。
CVE-ID CVE-2017-2507: Ian Beer of Google Project Zero、CVE-2017-6987: Patrick Wardle of Synack
種類 WebKit
対象 すべてのApple Watchモデル
影響 悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。
解説 メモリ処理を改善し、複数のメモリが破損する脆弱性に対処しました。
CVE-ID CVE-2017-2521: lokihardt of Google Project Zero

watchOS 3.2.2のアップデート方法

  1. Apple Watch管理用アプリWatchを起動する。
  2. watchOS 3.2アップデート手順1

  3. マイウォッチから一般をタップ。
  4. watchOS 3.2アップデート手順2

  5. ソフトウェア・アップデートをタップ。
  6. watchOS 3.2アップデート手順3

  7. ダウンロードとインストールをタップ。
  8. 1_watchOS_20170516_up (1)

  9. iPhoneのパスコードを入力。
  10. watchOS 3.2アップデート手順5

  11. 規約を読んで問題が無ければ同意するをタップ。
  12. watchOS 3.2アップデート手順6

  13. watchOS 3.2のダウンロードが始まります。
  14. 2_watchOS_20170516_up (1)

    なお、アップデートには以下の条件を満たしている必要があります。

    • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
    • 充電器に接続されている
    • 50%以上充電されている
    バージョン ビルドナンバー リリース日
    watchOS 3.2 beta 7 14V5249a 2017年3月21日(火)
    watchOS 3.2 正式版 2017年3月28日(火)
    watchOS 3.2.2 beta 1 14V5465b 2017年3月29日(水)
    watchOS 3.2.2 beta 2 14V5475a 2017年4月11日(火)
    watchOS 3.2.2 beta 3 14V5480a 2017年4月18日(火)
    watchOS 3.2.2 beta 4 14V5485a 2017年4月25日(火)
    watchOS 3.2.2 14V485 2017年5月16日(火)
コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top