楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】開発者向けにwatchOS 3 beta 4がリリース

085_watchOS 3 (1)
スポンサードリンク

Appleは開発者向けにwatchOS 3 beta 4をリリースしています。既にwatchOS 3 beta 3を導入済みの場合は、iOSのWatchアプリ「マイウォッチ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」よりアップデートが可能です。なおアップデートを行うには下記条件を満たす必要があります。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

watchOS 3 beta 3のリリース履歴

watch OS3 beta X リリース日
1 2016年6月14日(火)
2 2016年7月6日(水)
3 2016年7月19日(火)
4 2016年8月2日(火)

watchOS 3 beta 4の変更点

執筆時点では新たに新機能や既存機能の変更は確認されておらず、beta 3の時と同様にバグ修正やパフォーマンスの向上などが行われたものだと思われます。なおwatchOS 3では、アプリケーションの起動速度がwatchOS 2と比べ7倍になる他、次の機能追加や改善が行われる見込みとなっています。

  • 起動中のアプリを素早く切り替えることができる機能「Dock」
  • 機内モードやナイトシフトモードに切り替えることができる機能「コントロールセンター」
  • メッセージの返信を手書きで出来る「リプライオプション」の追加
  • ディズニーのミニーを含むウォッチフェイスの追加
  • 自由に時間をセットできるカスタムタイマーを搭載したタイマーアプリ
  • 非常時に救急センターに電話を掛けることができる機能「SOS」
  • アクティビティアプリのUIと機能の刷新
  • 深呼吸を促す標準アプリ「Breathe」の追加

SOS機能については、watchOS 3プレビューを読む限りでは国内でも利用できそうなので、万が一の際には役立つかもしれませんね。

世界中どこにいても、サイドボタンを長押しすると、SOS機能が現地の救急サービスに電話を発信します。SOSはあなたの緊急連絡先にもメッセージを送信し、非常事態の発生をすばやく知らせます。
引用:watch OS 3 プレビュー

Source:MacRumors

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top