楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【予習】AppleWatchを円滑に使い始める為の操作方法

cat
スポンサードリンク

AppleWatchには「デジタルクラウン」や「感圧タッチ」など、iPhoneには無い操作方法が幾つかあります。
特に感圧タッチの使い方を事前に知っているか知らないかでは、AppleWatchの使い勝手に大きな差が生まれます。
これらの操作方法を事前に予習しておくことで、手元にAppleWatchが届いた時に、AppleWatchやを円滑に使いはじめる事が出来ます。

スリープボタン

th_2015-04-13 15.23.59

AppleWatchにはiPhoneのようにボタンでスリープを操作する必要はありません。
AppleWatchを手首につけて持ち上げる事でオンになり、手首を下げると自動でスリープモードになります。

スワイプ操作

AppleWatchにもiPhoneと同じスワイプ操作があります。
各アプリの操作で使用する他、「グランス」や「通知センター」の起動をする事が出来ます。

グランス

th_2015-04-13 15.24.49

グランスは、頻繁に使用しているアプリを抜粋して表示する事が出来る機能です。
この機能のお陰で、頻繁に使うアプリについてはホーム画面でアプリを探す必要はありません。
グランスは、画面を上にスワイプする事で起動する事が出来ます。

通知センター

th_2015-04-13 15.25.23

通知センターはiPhoneでも使う事が出来る機能です。
見逃した通知などは、この通知センターから確認する事ができます。
通知センターは、画面を下にスワイプする事がで起動する事が出来ます。

デジタルクラウン

AppleWatchには「デジタルクラウン」というダイヤルが備わっています。
このデジタルクラウンは、iPhoneのホームボタンの役割とiPodのクリックホイールのような役割を担っています。

スクロール

th_2015-04-13 15.54.20

AppleWatchは画面が小さいので、画面上を指で操作するとメッセージやリマインダーの文字が見辛くなってしまいます。
そんな時は、デジタルクラウンを回す事で画面を上下にスクロールをする事ができます。
他にも、タイマーの時間設定を行う時の細かいダイヤル調整、ピンチイン(拡大)ピンチアウト(縮小)も、デジタルクラウンを回す事で代用が可能です。

長押し

2015-04-13 16.03.30 (1)

デジタルクラウンを長押しする事で、Siriを起動する事ができます。
(「HeySiri」と声を掛けてもOK)

押す

th_2015-04-13 15.26.39

デジタルクラウンを押す事で、アプリが全て表示されるホーム画面を表示する事が出来ます。
この辺りは、iPhoneのホームボタンそのままですね。

感圧タッチ

th_2015-04-13 15.28.34

AppleWatchは画面を押した強さを感知できるようになっています。
画面を強く押す事で、様々なアプリにおいて、メニュー画面を表示する事が出来ます。
この感圧タッチで使える機能を幾つか挙げると..

  • メッセージ:メッセージの返信など
  • 時計盤:時計のカスタマイズ
  • メール:フラグやゴミ箱など
  • マップ:周辺検索など
  • ワークアウト:セッションの終了と一時停止

某店舗で試着をした時の担当スタッフさんによると、意外とAppleWatchのディスプレイが「感圧」という事を知らない方が多く、「感圧タッチ」を知らない方も多いとのことでした。

サイドボタン

th_2015-04-13 15.30.39

AppleWatchの右側面、デジタルクラウンの下にサイドボタンを押すと「よく使う連絡先」を開く事が出来ます。
また長押しするとAppleWatch自体の電源をオンオフする事が出来ます。

つぶやき

kogoto_prof
恐らくこれらの操作方法がわかっていれば、手元にAppleWatchが届いても不自由はしない筈です。
実際にAppleWatchの操作もしましたが、感圧タッチが本当に重要です。
感圧タッチを知らないと「メールの返信が出来ない」「マップで検索が出来ない」なんて頭を抱える事になりそうです。

参考及び画像参照元:Apple

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top