楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】画面の白色が眩しくて目が疲れる場合の対処方法

cat
スポンサードリンク

iPhoneのiOS7から、使用していて「画面が眩しい」「白色が眩しすぎる」「目が疲れる」「目が痛い」..なんていうお話をお聞きする事が増えた気がします。
確かにiPhoneの初期設定のままだと、画面が明るく目が疲れやすいかと思います。
かといって、画面の明るさを暗くしてしまうと、場所によっては逆に見づらくなってしまう場合があります。
そんな時は「コントラスト」「ホワイトポイント」の設定を変更する事で、改善する場合があります。
今回はわかりやすい比較画像も作成したので、併せてご紹介します。

設定を変更する

設定の一般をタップ。
th_IMG_9618 (1)

アクセシビリティをタップ。
th_IMG_9619 (1)

コントラストを上げるをタップ。
th_IMG_9620 (1)

「色を濃くする」と「ホワイトポイントを下げる」の両方をオンにする。
th_IMG_9621 (1)

比較

コントラストを上げると、文字色が濃くなり見やすい色になります。
以下の比較画像を見ただけでも一目瞭然ですね。
th_20140421hikaku

ホワイトポイントを下げると、白色が目に突き刺さるような感覚を和らげる事が出来ます。
以下が比較画像になります。
th_20140421_hikaku2

ホワイトポイントの比較画像は、通常のスクリーンショットではわかりづらい為、適用イメージを加工によって表現しています。
実際の明るさは設定を行って、ご自身のiPhoneで確かめて下さい。

目への負担が減る!

実際にこの設定を適用して数日使用していますが、以前の「目に突き刺さる」ような感覚が和らぎました。
設定する事で画面が少し暗くなってしまいますが、室内室外共に設定を適用したままで問題はありませんでした。
自分の目を労る場合は、これらの設定は勿論の事、適切な画面の明るさを自分なりに設定する必要がありそうですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top