楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS7】壁紙を設定すると拡大されてしまう場合の対処方法

IMG_5469
スポンサードリンク

iOS7では壁紙の解像度が高くなった為、iOS6以前に対応している画像や写真を何も設定せずにiPhoneに設定すると拡大されてボヤケた壁紙になってしまいます。
特に棚タイプの壁紙を使っていた方だと拡大された影響でズレてしまっている方もいるのではないでしょうか?
今回はiOS6以前の壁紙(画像や写真)を拡大されずに今まで通り使う設定方法を紹介!

設定方法

IMG_5595
設定 → アクセシビリティ → 視差効果を減らす → オンにする
上記の設定をするだけで今までの壁紙も利用できるようになります。

視差効果とは?

iOS7から追加されたiPhoneを傾けるとホーム画面の壁紙も連動して動いているようにみえる機能です。
この視差効果の影響で画面酔いで具合が悪くなる人もいる為、問題視されています。
また視差効果を減らす事でバッテリーの消費を抑える効果もあるので、バッテリーを節約したい方は必ずオンにしておきましょう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top