楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS7】iOS7.0.3の視差効果を減らす設定が拡張!画面酔いをしない方にもおすすめ!

cat
スポンサードリンク

iOS7.0.3では視差効果を減らす設定が拡張されました。
iOS7.0.2以前では、期待した程画面のエフェクトを抑えられず、画面酔いの改善には至らなかった方には朗報。
画面酔いをしない方でもアプリとアプリの切り替えがキビキビできるようになり、ストレスが非常に少ない動作になりました。

視差効果を使わない場合

IMG_5861
視差効果を使わない場合だと、アプリを開くとアプリに迫るようなアニメーションが画面酔いの原因に。
画面酔いはしないけど、アニメーションのせいでアプリの切り替えが遅くてイライラするという方も。

iOS7.0.3の視差効果

IMG_5859
iOS7.0.3で拡張された視差効果をオンにすると、アプリを切り替えるアニメーションはふんわりとしたアニメーションに変更されています。

かなりシンプルな動きになっている為、画面酔いをする方は改善するかと思います。
また、アプリの切り替えもアニメーションが省かれた事でキビキビと動作します。

設定

IMG_5862
設定 → 一般 → アクセシビリティ → 視差効果を減らす → オンにする

画面酔いをしない方にもおすすめ

アプリの切り替え以外の動作アニメーションもシンプルなものに変更されています。
アニメーションの時間が短縮される事により、動作がスムーズになったように思えます。
何かもっさりしていて嫌だった方や、さくさく使い方は視差効果を減らすはオンにしましょう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top