楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8対応版】Twitterの連携アプリをiPhoneのSafariで解除する方法

cat
スポンサードリンク

今回はiOS8対応版「Twitterの連携アプリを解除する方法」をご紹介します。
以前も紹介した事があるのですが、iOS8からはChromeアプリを使わずにSafariだけで簡単に連携アプリを解除する事が出来るようになりました。
それでは早速解説していきます!

2015/10/28追記

この記事の方法では連携アプリの解除が出来ないケースがあります。
最新の操作方法を以下の記事で解説しているので、是非こちらをご覧ください。

【最新版】iPhoneでTwitterのアプリ連携を解除する方法【最新版】iPhoneでTwitterのアプリ連携を解除する方法
随時更新しています。

Twitterの連携アプリをSafariで解除


SafariでTwitterを開き、URLバーをタップ。
th_IMG_3106

上にスクロールさせて「デスクトップ用サイトを表示」をタップ。
th_IMG_3107

Twitterにログインする。
th_IMG_3108

上部の設定(歯車)ボタンをタップし、メニューから設定をタップ。
th_IMG_3110

左メニューのアプリ連携をタップ。
th_IMG_3112

解除したいアプリの「許可を取り消す」をタップ。
th_IMG_3114

以上の操作でアプリの連携を解除する事が出来ます。

つぶやき

kogoto_prof
iOS7以前まではSafariにユーザーエージェントの偽装機能が無かった為、Chrome等を利用する必要がありました。
iOS8では簡単にPC版のWEBサイトを表示する事が出来るので、とても重宝します。
Twitterだけでは無く、ユーザーエージェントでデザインを切り替えているWEBサイトであれば、同様の操作でPC版を閲覧する事が出来ますよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top