楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】留守電や宅配不在通知に便利なソフトポーズとハードポーズの使い方

cat
スポンサードリンク

宅配の不在通知の紙に良く、「000-000-0000」の電話を掛け、再送日時等をキープッシュする場合がありますよね。
iPhoneでそういった時、毎回耳からiPhoneを話して、キーパッドを表示させ入力している方が多いと思います。
私もそうでした。
そういった面倒な操作を省略出来る機能「ソフトポーズ」と「ハードポーズ」が電話アプリに用意されています。
早速2つの使い方と違いを解説していきます。

ソフトポーズ

ソフトポーズは、相手が電話を受け取り、2秒後に事前に入力していたキープッシュのデータを自動送信する事が出来ます。
発信するだけで簡単に電話での手続きを終える事ができる機能です。

最初に発信先番号を入力し、*(アスタリスク)を長押し。
th_IMG_1308

すると番号末尾に,(カンマ)が入力されます。
th_IMG_1309

続けて送信したいキーがある場合は、カンマで区切って入力していきましょう。
th_IMG_1310

この状態で発信をすればOKです。

ハードポーズ

ハードポーズは、予め入力したキーをスムーズに入力出来る専用ボタンが左下に表示される機能です。
毎回キーパッドを開く必要が無いので、少し耳から話して左下をタップするだけでキープッシュのデータを送信する事が出来ます。
アナウンス途中での入力を受け付けないタイプで、「ピーッ」の後に入力してください..といったタイプの際に便利です。

最初に発信先番号を入力し、#(シャープ)を長押し。
th_IMG_1311

すると番号末尾に;(セミコロン)が入力されます。
th_IMG_1312

続けて送信したいキーがある場合は、セミコロンで区切って入力していきましょう。
th_IMG_1313

通話中の好きなタイミングに左下の「”数字”をダイヤル」をタップするとキープッシュする事が出来ます。
th_IMG_1314

つぶやき

kogoto_prof
宅配便や郵便の不在通知って、意外と電話で手続きをしようとすると時間がかかりますよね。
投函されたハガキ等に「希望再配送時間 15:00~17:00は 1」..等長々と書かれていますよね。
そういった場合は事前に番号を把握して、ソフトポーズで予め入力しておくとスムーズに電話を終える事が出来ます。

参考:かみあぷ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top