楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【熱暴走】iPhoneの本体が熱い時に起こり得る問題と対策

netsu
スポンサードリンク

気温も高くなってくると、iPhoneも発熱しやすくなってきます。
iPhoneの本体が熱くなると様々な症状が出てきます。
今回は発熱で起こり得る症状の詳細と対策を紹介します。

発熱の警告

netsu
iPhone本体の温度が高くなりすぎると、こういったエラーが表示されるようになります。
これは本体が発熱によって故障をしないようにする、セーフティ機能のような物なので故障した訳ではありません。
正しく冷ますことで復旧させることができます。

夏場の注意ポイント

夏場は以下のような環境にiPhoneを長時間置く行為や使い方は控えましょう。

  • 車のダッシュボード(カーナビとして使う場合等)
  • 炎天下の車内
  • 直射日光のあたる場所
  • 直射日光が当たる手荷物の中(海水浴でありがち)
  • iPhoneの過充電
  • 長時間3D表示等のゲームで遊び続ける

iPhoneは精密機械です。

耐えられる温度

iPhoneが正常動作する温度として、使用中は0℃〜35℃、使用していない時は-20℃〜45℃となっているようです。
気温や室温が高くなり、放熱性が失われると意外と達しやすい温度でもあるので注意してください。

熱暴走で起こり得る問題

1.iPhoneの充電(給電)が停止

充電中に限界温度を超えるとシステムメッセージと共に充電が停止されます。

対処法:一度充電ケーブルを外して本体を冷まし、再度充電をすることで復旧します。

2.ディスプレイが暗くなる / ディプレイが消える

iPhoneが高温になると警告メッセージが表示された後、ディスプレイが暗くなったり、ディスプレイが消えてしまう場合があります。
ルート案内を使用中に起きた場合は、音声での案内だけは継続されます。
また、曲がる箇所ではディスプレイが再度ついて、映像での案内も一時的に再開されるようです。

対処:iPhoneの本体の温度を下げた後、ホームボタンを押しロックを解除する。

3.通話が低電力モード

iPhoneで通話をしている際に本体の温度が高くなると、低電力モードに自動切り替えが行われます。
低電力モードでは電波の強度が弱くなる場合があります。

対策:一度通話を切り、iPhoneの本体が冷えてからかけ直す。

4.カメラのフラッシュがつかない

iPhoneの本体の温度が高くなると、カメラのフラッシュが点灯しなくなります。

対策:iPhoneの本体の温度を下げた後、カメラを利用する。

絶対にやってはいけない冷まし方

iPhoneの本体の温度を急激に下げるのは逆に危険です。
冷蔵庫や保冷剤を用いて冷ますのは控えるようにしてください。
急激に本体温度を下げてしまうと、内部で結露が置きてしまい、ショートなど、故障に繋がることもあります。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top