楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

iPhone 6をGenius Barに持ち込んだら知らぬ間に本体が歪んでいた

038_AppleStore (1)
スポンサードリンク

先日Genius Barに受話レシーバー(受話口)からの音が極端に小さくなってしまったiPhone 6を持ち込んだところ、受話レシーバーの故障とは別に本体が歪んで液晶パネルが浮いていることが判明しました。
“本体の歪み”や”液晶パネルの浮き”が非常に小さい場合だと、使用している本人さえ気づかないことも珍しくは無いようで、Genius Barで初めて問題が発覚するケースも多いそうです。

そこでスタッフの方に、画面の小さな浮きを調べることができる方法を尋ねたところ、Genius Barでも実際に使っている「画面の浮きチェック(歪み)確認方法」を教えて頂いたのでご紹介します。

iPhoneの液晶パネルが浮いているか確認する方法

液晶パネルが浮いていないかどうかは、ケースを外したiPhoneを平面の硬い場所(床、デスク)に起き、画面の四隅を指で押すことで確認することが出来ます。

四隅を押した際に「カチッ」とクリック感がするのであれば、液晶パネルが浮いている可能性があります。
th_IMG_0029

四隅を押した際に本体が大きくグラつくのは、フロントカメラの影響なので歪みではありません。
th_IMG_0030

スポンサードリンク

郵送修理よりも持ち込み修理の方が良い?

今回持ち込んだiPhoneの受話レシーバー部分の修理自体は無償修理の範囲とのことでした。
ただし、それは他に問題が一切無い場合に限った話で、今回のような画面の浮きがあれば有償修理となる可能性が非常に高いようですが、無償範囲の判断はスタッフの目に委ねられている部分も大きいようです。

今回に限った話であれば、次の理由から「無償修理交換」となりました。

  • 他に目立つような大きな傷は一切無く、非常に綺麗な状態。(数ミリの浅い傷は大丈夫)
  • 水没マーカーも反応しておらず、落下痕(凹みや画面のヒビ、傷など)が無い。
  • 画面の四隅の1箇所が浮いているが、外観を見てもフレームが大きく歪んでいるようには見えない。

スタッフによって対応が異なる場合もありますが、Genius Barへの持ち込み修理は、ある程度のレベルまでなら目を瞑ってくれるような印象を受けます。(過去の経験上からも)

液晶パネルの浮きが疑われるなら

iPhoneを落とさず綺麗に使っているのにも関わらず、先程の確認方法で液晶パネルの浮きが疑われるのであれば、一度Genius Barに持ち込んで相談してみた方が良いかもしれません。
液晶パネルの浮きを放置してしまうと、今後iPhoneを修理に出した際に液晶パネルの浮き(本体の歪み)を指摘されてしまい、無償修理範囲であったとしても保証対象外修理になってしまう場合もあるかも?

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top