楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】請求書にSMSの金額が目立つ!SMSとMMSを見極める方法

cat
スポンサードリンク

自分の請求書を見つめなおした事はありますか?
請求書の中にSMSという項目で、料金が多く目立つ方は注意が必要です。
今回は「SMSの注意点」と「SMSの設定の見直し」の2つをご紹介します。
SMSは使う度に課金されていくので、気付かぬ内に多大な金額が..なんて事もあり得ます。

SMSの注意点

SMSは電話番号でメールのやり取りをする機能です。
ガラケー時代だと、「ショートメール」と同じような立ち位置にあります。
相手のメールアドレスがわからなくても、手軽にメッセージのやり取りができます。
ですが、SMSは電話回線を使用して通信をする為、使用する度に料金が加算されていきます。

Softbankの方であれば、Mysoftbankで簡単に確認出来ます。
th_IMG_9829

ここで一番注意してほしいのは、相手がSMSで送信してきた場合に返信をしても同じように料金が加算されてしまいます。
「メールアドレスを交換していないのに、メールのやりとりをした事がある!」という方は、SMSを使用していた可能性が非常に高い事になります。
頻繁にメールのやりとりをする場合は、必ずメールアドレスを登録するようにしましょう。

メールがSMSか見極める方法

緑の吹き出しの場合は、SMSかMMSで送信しています。
見極めるには、メッセージを開いて、右上の連絡先をタップ。
th_IMG_9832

「i」ボタンをタップ。
th_IMG_9833

携帯電話番号しか登録されていない場合は、SMSで送信しています。
th_IMG_9834

電話番号とメールアドレスの両方が登録されている場合は、メッセージに使用している連絡先が青文字で表示されます。
メールの項目が青文字になっていれば、MMSで送信しているので問題ありません。
th_IMG_9835

iMessageの代替がSMS!?

iPhoneのメール(メッセージ)の1つである、iMessage。
Apple製品同士で手軽にメールのやりとりが出来る機能ですが、万が一iMessageの送信に失敗してしまった場合に、設定次第ではSMSを代替連絡方法として使用してしまいます。
多額の金額請求防止の為にも、オフにしておきましょう。
設定のメッセージをタップ。
th_IMG_9830

SMSで送信をオフにする。
th_IMG_9831

この設定の注意してほしい点は、SMS機能そのものをオフにする訳では無く、iMessageの代替送信のみオフにするという設定になります。

見極めて高額料金請求を防ぐ!

SMSとMMSの違いが非常にわかりづらいですよね。
紹介した方法で高額料金の請求を防ぐようにしましょう。
iMessage、SMS、MMSの詳しい違いについては、以下の記事をご覧ください。

【iPhone】SMS、MMS、iMessageの違いについて解説

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top