楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS7】アップデートを安全にする為に5つの事前準備をしよう!

home1
スポンサードリンク

皆さんはiOS7アップデート直前の準備は終わりましたか?
「準備なんて必要なの?」と思ってしまった方、しっかり準備しないと大事なデータ(アプリや写真..etc)が消えてしまうかも!?
実際に私がしたiOS7アップデート前にするべきことをまとめてみました。

その1:使用していないアプリの削除

iOSをアップデートする際は、iPhoneのデータ容量をなるべく少なくする事が大事。
アップデート配信時は回線が混雑し、ダウンロードさえも時間がかかると思われます。
端末のデータが多いと、iOSのアップデート自体が時間がかかりますし、失敗する事もあります。
思い切って、使用していないアプリはどんどん削除しましょう!
一度購入したアプリはストアから無料でダウンロードできるので安心。
おすすめの整理術はコチラの記事!

iPhoneのバッテリーを簡単にウェブから交換申し込み!【iPhoneの整理】ホーム画面にアプリがいっぱい!

home1home2

上の整理術を再び実行して、現在のホーム画面はこんな感じに!

その2:写真をフォトストリームへ

iPhoneで写真を撮影していると、iPhoneのデータがどんどん増えていきます。
写真も端末にデータを残さず、iPhoneのフォトストリーム機能を使ってクラウド上にお引越ししましょう!
動画についてはフォトストリームに保存できないので、端末に保存、もしくはDropBox等のクラウドサービスに移動やPCで保存する事をおすすめ!
iOS7でフォトストリームが動画に対応するという話もあります。

使い方

フォトストリームの使い方は簡単。
photo1
カメラロールで右上の[編集]をタップ

photo2
フォトストリームに転送したい画像をタップ
左下の[送信]をタップ

photo3
[フォトストリーム]をタップ

photo4
新たにフォトストリーム内にフォルダを作る場合は、[新規フォトストリーム]をタップ、既存のフォルダに追加する場合はフォルダ名をタップ

photo5
名前を入力して、右上の[次へ]をタップ
[投稿]をタップ

その3:バックアップ

万が一アップデートが失敗してしまった時は、バックアップがなければ復元ができません。
必ずバックアップをしておきましょう!

iCloudの場合

icloud1
前提としてWi-Fi環境が必須になります。
PCを使わず使用している方はiÇloudを利用しましょう。
設定 → iCloud → ストレージとバックアップ → iCloudバックアップをオンにする → 今すぐバックアップを作成

PC(iTunes)の場合

同期

itunes_1
デバイスの項目にある接続しているiPhoneを右クリックし、同期をクリック。
iPhoneを接続時に自動同期するようにしている方であれば不要です。

バックアップ

itunes_2
同期と同じ手順で、デバイスの項目にあるiPhoneを右クリックしてバックアップをクリック。

itunes_3
完了すると概要ページ内バックアップ項に「このコンピュータ:今日 xx:xx」のように日時が表示されます。

その4:アプリやアクセサリの対応状況

iOS7は今までのiOS6以前とは仕様が異なるので、ものによっては「起動しない」「エラーが起きる」といった不具合が起きる可能性があります。
普段よく使っているアプリのサポートページや作者のTwitter等でiOS7の対応状況を確認しておきましょう!

その5:壁紙を見つける

iOS7では壁紙のサイズが変更になります。
以前の壁紙より大きなサイズが必要になるので、iOS6以前専用の壁紙を使用してしまうとボヤケてしまいます。
今のうちにお気に入りの対応壁紙を探しておきましょう!
先日おすすめの壁紙をiPhone5/5s/5c/4s別にまとめたので、是非チェックして下さい!

【iOS7】おすすめ壁紙65枚まとめ!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top