楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple】iPhone6やiPhone6Plusの修理代金まとめ – AppleCare+の解説も!

cat (1)
スポンサードリンク

今回はiPhone6、iPhone6Plus、iPhone5s等、歴代iPhoneの修理代金(画面割れ、バッテリー交換、保証対象外)をまとめてご紹介します。
修理代金といっても、AppleCare+の有無でも価格は変わりますし、キャリア別のプランもあり複雑ですよね。
そもそもAppleCare+って何?なんて方もいらっしゃると思います。

AppleCare+って?

iPhone購入時に契約が出来る、Appleが用意している修理保証プランです。
製品購入後1年間は過失や事故を除いた修理(不具合等)に関しては、無料で受ける事が出来ますが、画面割れや水没等については満額支払う必要があります。
こういった「使用者側の過失」を保証するのが「AppleCare+」になります。
画面割れや水没等、通常1万円以上掛かる修理でも、2回まで 7,800 円 (税込) でサービスを受ける事が出来ます。
場合によっては約2万8千円程お得になる場合もあります。
但し、全損・盗難・紛失には対応していないので注意してください。

画面割れ等の画面損傷

iPhoneを落として割ってしまった、ヒビが入ってしまった..という場合は、以下の金額で修理サポートを受ける事が可能です。

機種 修理代金
iPhone6 11,800 円
iPhone6Plus 13,800 円
iPhone5s
iPhone5c
iPhone5

iPhone6の修理代金が一番安いというのも驚きです。
これらは「画面の修理」のみの料金になります。
例えば落下させてしまった際に、内部の基板も損傷してしまった場合や他の場所も損傷している場合は、上記価格では無く、保証対象外修理の価格となる場合や追加料金が発生する場合があります。

バッテリー交換

使用者側に過失が無く、バッテリーの劣化で本来の50%以下の状態になっている場合は、無償で交換してもらう事が可能です。
逆に基準は満たしていないけど、バッテリーを交換したい..といった場合は、有償での交換になります。
但し、こちらもバッテリー以外にも損傷がある場合は、保証対象外修理の価格となる場合があります。

機種 修理代金
全てのiPhoneモデル 8,400 円

保証対象外修理

基板の損傷や背面の損傷、水没等は基本「修理交換」になります。
その為価格かなり割高です。
画面割れで修理を出したつもりが、こちらの保証対象外修理となる方もかなりいるようです。
基本的に何か破損した時はこちらの価格が適用される前提で修理に出した方が良いかもしれません。

機種 修理代金
iPhone6 31,800 円
iPhone6Plus 35,800 円
iPhone5s 28,800 円
iPhone5c
iPhone5
iPhone4s 19,800 円
iPhone4 14,800 円
iPhone3GS
iPhone3G

キャリア向け保証プラン

AppleCare+はAppleが用意している修理プランですが、これとは別にキャリア側も修理保証プランを用意しています。

au スマートパス – 最大7,800円の修理代金を2回までサポート(AppleCare+との併用で実質0円)

docomo ケータイ保証サービス – 1年に2回まで7,500円で修理交換(全損・紛失・盗難対応)。

softbank あんしん保証パック(i) – 各端末に割引率が設定されており、利用料金から修理代金分が減額。あんしん保証パック(i)プラスでも同様です。

となっています。
こうみてみるとdocomoの保証が一番手厚いように感じます。

つぶやき

kogoto_prof
AppleCare+は本体購入後1ヶ月以内であれば加入が可能です。
但し既に画面が割れていたり、損傷がある場合は加入が出来ないので注意してください。
個人的にはAppleCare+は加入必須だと考えています。
意外と2年間使っていると1度は修理のお世話になりがちなきがします。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 保障じゃなくて保証じゃないかな。

  2. 一回水没してしまってるんですけど、二回目も修理いけますか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top