楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】大事な写真を誤って削除した時の5つの復元方法

cat (1) (1)
スポンサードリンク

iPhoneやiPadで間違えて大事な写真(画像)を削除してしまっても、復元機能やiOSの機能で結果的に写真をバックアップしている可能性があります。
今回はこういった大事な写真を取り戻す為の5つの方法を紹介します。
どれも簡単な方法なので、是非試してみてくださいね。

目次

1.30日以内なら「最近削除した項目」があるかも?

最新のiOSには「最近削除した項目」といった、削除した写真を30日間保持する機能が付いています。
30日以内なら簡単に復元が可能です。

写真アプリのアルバムをタップ。
th_IMG_8840 (1)

最近削除した項目をタップ。
th_IMG_8841 (1)

右上の選択をタップ。
th_IMG_8843 (1)

復元したい写真を選択し、右下の復元をタップ。
th_IMG_8848 (1)

X枚の写真を復元をタップすると、誤って削除した写真が復活します。
th_IMG_8849 (1)

2.メッセージアプリ

添付ファイル付のメールとして、メッセージアプリに送られてきた写真であれば、アプリ内に自動保存されている可能性があります。

写真を送信してきた人とのメッセージを開き、右上の「詳細」をタップ。
th_IMG_8851 (1)

復元したい写真をタップ。
th_IMG_8852 (1) (1)

左下のボタンをタップ。
th_IMG_8853 (1)

「画像を保存」をタップすると写真アプリに保存されます。
th_IMG_8854 (1)

3.メールアプリ

添付ファイル付のメールとして、メールアプリに送られてきた写真であれば、受信メールを削除していなければ大事な写真を取り戻せるかもしれません。

添付ファイルが付いているメールを開いて、写真を長押しすると表示されるメニューから「画像を保存」をタップしてください。
th_IMG_8862 (1)

4.SNS

誤って削除してしまった写真をTwitter、Facebook、Google+などのSNSにアップしているのであれば、SNS上に残っている可能性が非常に高いです。
ここではTwitterを例にします。

iPhoneに保存したい画像を開く。
th_IMG_8856 (1)

画像を長押しして、画像を保存をタップ。
th_IMG_8858 (1)

5.クラウドサービス(iCloudやDropBox)

iCloudやDropBoxなどのネットワークストレージを利用しているのであれば、使用している他の端末に自動で保存されている可能性があります。
iPhoneに保存していた写真を誤って削除してしまったのであれば、iPadやMac、Windowsなどに大事な写真が保存されていないか確認してみてください。
th_2015-05-03 10.14.20 (1)

つぶやき

kogoto_prof
本来バックアップを目的としていない機能(メッセージアプリなど)でも、結果的に自動でバックアップしているケースは少なくはありません。
大事な写真が消えたからといって、すぐに諦めずに紹介したこれらの方法で取り戻せないか確認してみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top