楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS7】通知センターからツイートやFacebookに投稿する方法

IMG_5362
スポンサードリンク

iOS7になり、通知センターのつぶやくボタンやfacebookの投稿ボタンが削除されました。
AppStoreでダウンロードできるアプリMyShortcuts+Viewerを使えば、通知センターにTwitterでつぶやくボタンや、Facebookへのショートカットを設置する事ができます。

今回使用するアプリ

MyShortcuts+Viewerというアプリを使用します。
「有料アプリか…」と思われるかもしれないですが、実際設定するとかなり便利なので帰らないでくださいね!

MyShortcuts+Viewer
カテゴリ: ユーティリティ
¥100
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

AppStoreからダウンロード

MyShortcuts+Viewerとは?

MyShortcuts+ViewerはURLスキームを利用したアプリへのショートカットをリマインダー機能を使い、通知センターに表示するアプリです。
URLスキームが用意されているアプリであれば、TwitterやFacebook以外のアプリでも通知センターから起動する事ができます。

URLスキームって何?

※少々複雑なので、仕組み自体に興味が無い方は、この項目を飛ばして下さい。

通常のWEBページはhttp://~から始まるURLになっています。
アプリのGoogleMapを例にすると、アプリ側が設定している名前「comgooglemaps://」とアプリへの命令の「?q=東京タワー」を1つにした、
「comgooglemaps://?q=東京タワー」といった文字列が、URLスキームとなります。
このURLスキームは「GoogleMapで東京タワーを検索する」といった意味になります。
本来は範囲の指定等のパラメータが必要なため、上記URLスキームは正常に使うことができません。

MyShortcuts+Viewerの使い方

IMG_5358
右上の「+」ボタンをタップ

IMG_5360
タイトルとURLスキームを入力し、「NOW」をタップした後に右上の保存をタップ。
Safariが立ち上がり、指定したアプリが起動します。

IMG_5362
通知センターを確認すると、登録したアプリが表示されています!
次回からはここからタップするだけでOKです!

URLスキーム一覧

TwitterのWEBページでつぶやく
URLスキーム:http://twitter.com/home?status=
MyShortcuts+Viewerに登録する。

Twitter公式アプリでつぶやく
URLスキーム:twitter://post?
MyShortcuts+Viewerに登録する。

TweetBotでつぶやく
URLスキーム:tweetbot://secretbase_app/post
MyShortcuts+Viewerに登録する。
※secretbase_appの部分を自身のTwitterアカウント名に書き換えて下さい。

Facebookプロフィールを開く
URLスキーム:fb://profile/
MyShortcuts+Viewerに登録する。

指定したFacebookページを開く
URLスキーム:fb://profile/1404659819750916
MyShortcuts+Viewerに登録する。
※profile/の後ろの数列を開きたいFacebookページIDを指定してください。
デフォルトはSBAPPのFacebookページIDを入力しています。

他にも…

URLスキームに対応しているアプリであれば、通知センターに登録する事が可能です。
各アプリのURLスキームは、開発者のサポートページに掲載されている事や、WEBで検索すると見つかるので、もしお気に入りのアプリを登録したい!といった時は、
アプリ名 URLスキーム
のような検索ワードで探すと見つかるかもしれません。

iOS6で通知センターからつぶやいたりFacebookに投稿していた方は、是非この方法をお試しください!
私もしばらくお世話になりそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top