楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】音楽がステレオでは無くモノラルで再生される時の対処方法

cat
スポンサードリンク

iPhoneで音楽をイヤフォンやヘッドフォンで音楽を聴いているときに、イマイチ音の広がりが感じられない場合は、もしかするとモノラルで再生されているかもしれません。
ステレオ音源にも関わらず、モノラルで再生される場合は幾つの原因が考えられます。
今回はそんなときの対処方法を解説します。

モノラルとステレオの違い

具体的な対処方法の前に、少しステレオとモノラルの違いについて説明します。
意外と「モノラルとステレオって具体的に何が違うの?」なんて聞かれると、サラッと答えられる人って意外と少ないと思います。
モノラルとステレオの大きな違いは音源の収録方法にあります。

モノラル

モノラルは、音の収録時に単一マイクで録音しています。
その為、左右のイヤフォンやヘッドフォンからは全く同じ音源が再生されます。
ステレオに比べると音の広がりがイマイチ感じられない事が多いかもしれません。
th_mike

ステレオ

ステレオは、音の収録時に2つ以上のマイクで録音しています。
例えば、バンドの演奏を正面で聴くと、左耳はギターの音が強く、右耳はベースの音が強い・・といったように、左耳と右耳では音楽の聞こえ方異なりますよね。
ステレオはそういった音の横の広がりを再現出来る収録方法です。
最近の音楽は基本的にこのステレオで収録されているケースが多いです。
th_amp

モノラル再生になる3つの原因

ステレオ音源にも関わらず、モノラルで再生される場合は幾つかの原因が考えられます。

プラグの差し込みが甘い

イヤフォンジャックへの差し込みが甘いと、正常にステレオが再生されません。
端子の一番ケーブル側の絶縁体(黒いライン)で引っ掛かりやすいので、カチッと奥まで差し込んで下さい。
th_IMG_9102

イヤフォンやヘッドフォンがモノラル専用の可能性

そもそも接続しているイヤフォンやヘッドフォンがモノラルに対応しているかも確認してください。
メーカーサイトや取扱説明書で確認しても良いのですが、端子部分の絶縁体(黒いライン)が2本以上であればステレオに対応しています。
th_IMG_9101

アクセシビリティを見直す

iPhoneの設定にはステレオをモノラルで再生する機能が用意されています。

「設定」→「一般」をタップ。
th_IMG_9104 (1)

「アクセシビリティ」をタップ。
th_IMG_9105 (1)

「モノラルオーディオ」をオフ(白)にする。
th_IMG_9106 (1)

上記3つを確認しても改善されない場合は、使用するイヤフォンを替えたり、iPhoneの初期化やAppleサポートへの連絡も視野に入れたほうが良いかと思います。

つぶやき

kogoto_prof
「ステレオがあればモノラルはいらない」なんて思いがちですが、ホームシアターセットで各スピーカーの音量を決める時に便利です。
ステレオだとどうしても左右で聞こえ方が違うので、どうしても調整が難しくなりがちですが、モノラルであればどのスピーカーからも単一の音源が再生されるので、比較的音の定位置の調整が簡単になります。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. モノラルについての改善のやり方の追加をば。
    アクセシビリティ内に7のiOS10のみでしょうが、左右バランスの欄が追加されてます。
    前世代からの復元だと九分九厘右にバーが行ってると思います。
    これを真ん中にすると左右ステレオ状態になります。
    意外と気がつかないものですね、これ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top