楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】メッセージの送信に失敗!考えられる10個の原因と対処方法

cat
スポンサードリンク

iPhoneのメッセージアプリで、iMessageやMMS、SMSを送信しようとすると「失敗」する場合があります。
単に失敗と表示されても原因が何かわからないですよね。
今回はメッセージの送信に失敗する幾つかの原因をご紹介します。

原因1.メールアドレスのミス

メールアドレスに「i」や「l」、「.」が多く含んでいる場合はミスしやすいかも?
th_IMG_1050

原因2.送信数制限

各キャリアには1日の限度メール送信数が決まっています。
それを超えてしまうと24時間の規制等になる場合があります。
制限に掛かった場合は、解除されるまで待つしかありません。
また各キャリアの上限送信数は、Softbank(MMS)が500件、auが1,000件。
ザッと調べただけなので、より詳しい情報はGoogleで検索してみてください。

原因3.各種キャリアの制限有無(Softbankであれば一定額ストップサービス等)

各種キャリアに用意されている一定額に達すると制限するプランを契約している場合、通話/通信が出来なくなる場合があります。
低価格に抑えられる制限プランですが、頻繁に起こるようであればプランを解約した方が良いと思います。

原因4.容量制限

各キャリアでは1度のメッセージ送受信量に制限があります。
MMSのみだと、Softbank(iPhone5以降)が2MB、auが3MBになっています。

原因5.MMSがオンになっていない

設定 → メッセージの順に開き、MMSメッセージがオンになっている事を確認してください。
th_IMG_1051

原因6.MMSのメールアドレス欄が空白

設定 → メッセージの順に開き、MMSメールアドレスの項目に使用しているメールアドレスが入力されているか確認してください。異なるメールアドレスや空欄の場合は、入力してください。
th_IMG_1052

原因7.iMessageがオンになっていない

iMessageの送信に失敗する場合は、iMessageをオンにしてください。オフにしたつもりが無くても、ある日突然オフになることも。(過去に何度も経験あり)
th_IMG_1054

原因8.機内モードがオンになっている

設定 → 機内モードがオフになっている事を確認してください。
ホーム画面で下から上にスワイプすると開く、コントロールセンターの飛行機ボタンでも変更が可能です。
th_IMG_1055

原因9.Wi-Fi環境が悪い(Wi-FiがONの場合)

設定 → Wi-Fiから一度Wi-Fiをオフにして試してみてください。
ホーム画面で下から上にスワイプすると開く、コントロールセンターのWi-Fiボタン(扇のような絵)でも変更が可能です。
th_IMG_1056

原因10.モバイルデータ通信がオフになっている

設定 → モバイルデータ通信からモバイルデータ通信がオンになっている事を確認してください。
オフになっている場合はオンにしてください。
th_IMG_1057

つぶやき

kogoto_prof
紹介した方法を行っても解決しない場合は、一度iPhoneを再起動してみるのも良いかもしれません。
紹介した原因で多いのは「メールアドレスのミス」「送信容量の上限」「MMSがオンになっていない」の3つが多い気がします。
慌てずに設定を見直すとあっさり解決できるかもしれません。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top