楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Lightningケーブルを長く使い続ける4つのコツ

cat
スポンサードリンク

何かと壊れやすいiPhoneのLightningケーブル(充電器)
日常使用する際に、4つ意識して気をつけるようにすると、Lightningケーブルの寿命を伸ばすことが出来ます。

その1.Lightningケーブルのコード部分を引っ張って抜かない

Lightningケーブルのコード部分を引っ張って抜いてしまうと、端子部分が断線してしまったり、被膜が破れてしまったりする原因となります。
抜く時は必ず端子のプラスチック部分から抜くようにしましょう。
端子部分の被膜がぶよぶよしてきたらイエローサイン。
th_IMG_8953

その2.端子を直接触らない

iPhoneに接続する側の端子は非常にデリケートです。
端子を直接指で触ったりしてしまうと、指先の皮脂が原因となり端子が腐食する場合があります。
端子部分が薄黒くなっている事がわかります。
th_IMG_8955

その3.ケーブルを締め付けたり、ねじったりしない

Lightningケーブルを強く締め付けたり(結束バンド等)してしまうと、ケーブルがねじれる原因となってしまい、コード部分の被膜が破れる事があります。
どうしても持ち歩く時に結束しないと..といった場合は、外出用と自宅用の2本持っていると安心です。
こうなってしまうと新しくLightningケーブルを購入するか、修理交換しましょう。
th_IMG_8957

その4.直射日光に当てない

Lightningケーブルを直接日光が当たる場所に放置してしまうと、被膜が日焼けしてしまいます。
使用には問題無いのですが、使わない時はデスクの棚等に収納するようにすると、日焼けを防止する事が出来ます。
意識する前と後のケーブルの差がハッキリと出ています。
th_IMG_8959

4つ意識すると..

半年使ってもケーブルの見た目が新品そのものをキープできています。
th_IMG_8958

ごろ寝使用がダメージ?

iPhoneを充電したまま、ベッドのごろ寝しながらiPhoneを充使用すると、高確率でケーブルがねじれます。
もしかすると私だけかもしれませんが・・。
どうしてもごろ寝したい場合は、安価なLightningケーブルを購入して、ベッド専用にしてみてはいかがでしょうか?
Lightningケーブルの状態によっては、Appleで無償交換できる場合があります。
詳細はこちらの記事をご覧下さい。
【修理交換】iPhoneの充電器を無料交換する方法

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top