楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】子供が余計な操作をしないようにアクセスガイドを使って制限する方法

cat
スポンサードリンク

子供をiPhoneのアプリで遊ばせていると、勝手にホーム画面に戻って違うアプリを起動される事もあるかと思います。
iPhoneは年齢問わず操作が直感的にわかる端末なので、子どもでも簡単に操作方法がわかってしまいます。
このような余計な操作を制限するには「アクセスガイド」を使用すると便利です。

事前準備

設定の一般をタップ。
th_IMG_0965

アクセシビリティをタップ。
th_IMG_0966

アクセスガイドをタップ。
th_IMG_0967

アクセスガイドをオンにして、パスコードを設定する。
th_IMG_0968

アクセスガイド解除用のパスコードは忘れないように!
th_IMG_0969

アクセスガイドの開始方法

操作を可能にするアプリを起動し、ホームボタンを3回押す。
th_IMG_0970

オプションをタップ。
th_2014-07-02 8.57.39

タッチをオンにして、画面右上の開始、もしくは再開をタップ。
th_2014-07-02 8.59.18

ホームボタンを押してもホーム画面には戻らなくなる!
th_2014-07-02 8.59.28

つぶやき

kogoto_prof
今回は操作方法を直接制限する方法をご紹介しました。
iPhoneの使用時間を制限するには、他の機能を使用する必要があります。
お子さんが中々時間を守らない場合は、是非以下の記事を参考にしてみてください。

【iPhone】子供がiPhoneを使う際に使用時間を制限する方法

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top