楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】機内モードを使うべき3つのタイミング – バッテリー節約にも!

cat
スポンサードリンク

皆さんiPhoneの機内モードは使用していますか?
「機内モードは飛行機の中で使うものでしょ?」なんて考えられている方も多いかと思います。
今回は私が機内モードを使う、3つのタイミングをご紹介します。
機内モードは普段からとっても役に立つ機能なんです。

機内モード設定方法

タイミングを紹介する前に、機内モードの設定方法を解説します。
機内モードを使用するには、2つの方法があります。

設定から

iPhoneの設定を開くと、「機内モード」のボタンをタップ。
th_IMG_9699

コントロールセンターから

ホーム画面で下から上にスワイプ。
th_IMG_9700

表示されたコントロールセンターで「飛行機」のボタンをタップ。
th_IMG_9701

機内モードを使うべき3つのタイミング

高速充電

iPhoneは常に電波をキャッチする為に動き続けています。
この「電波をキャッチ」する行為がバッテリーの消費に繋がります。
急いで充電している最中に電波を拾う為にバッテリーを消費されては困りますよね。
そんな時は、機内モードを使用すると充電時間を短縮出来ます。
設定にもよりけりですが、約1.5倍〜2倍の速度での充電が期待出来ます。
但し圏外と同じ状況になるので、何らかの連絡がくる可能性がある方は控えた方が良いかもしれません。

電波が無い場所

以前に比べ電波が届かない地域はかなり減ってきました。
ですが、建物の地下フロアでは圏外になる事が多いかと思います。
iPhoneは圏外になっても電波をキャッチする為に動作し続けます。
この動作はバッテリーの消費に大きく繋がるので、圏外の場所では機内モードを使用すると、無駄なバッテリー消費を抑える事が出来ます。

通信の調子が悪い時

アプリをダウンロードしている途中で止まってしまったり、インターネットが急に閲覧出来なくなった!なんて時は機内モードを一度オンにしてオフに戻しましょう。
この類のトラブルは、機内モードのオンオフで解決する事が大半です。
特にアプリのダウンロードやアップデートが途中で止まってしまう事は珍しく無いので、この操作方法を覚えておくと便利です。

便利な機内モード

単純に電波を発してはいけない場所で使用する為の機能と思われがちですが、使い方は様々です。
機内モードを使いこなすと、バッテリー消費を抑える事が出来るのは勿論、トラブル解決の手段にもなります。
是非機内モードを活用してみてくださいね!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top