楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iTunesとWi-fi経由で同期する方法 デスクもスッキリで一石二鳥!

cat
スポンサードリンク

今回はiTunesとiPhoneをWi-Fi経由で簡単に同期する方法をご紹介します!
同期が手軽になり、デスクからLightningケーブルも消えるという、一石二鳥の設定!

iPhoneのバックアップや同期に欠かせないiTunesですが、同期って忘れがちですよね。
原因の1つとして、「Lightningケーブルを普段コンセントに繋いでいて、同期する度にLightningケーブルを差し替えるのが面倒..」ってあるあるですよね。

条件

  • Wi-Fi経由で同期する場合は、パソコンのiTunesが起動している必要があります。
  • iTunesを使用しているパソコンとiPhoneのWi-Fiが同じネットワークに所属している必要があります。

設定方法

※ 初回設定時はiPhoneとiTunesをLightningケーブルで接続する必要があります。

手順1.デバイスから接続しているiPhoneを選択し、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックを入れ、「適用」をクリック!
2014-03-17 8.07.21

手順2.iTunesを1度終了させます。

手順3.接続しているLightningケーブルを外し、一度iPhoneを再起動します。

手順4.iPhoneの再起動中にiTunesを起動させます。

手順5.iPhoneの再起動が終わり、iTunesのデバイスにiPhoneの名前が表示されれば、無事接続成功です!
※ Wi-Fi経由での接続は、iPhoneの認識に多少時間が掛かる場合があります。

Wi-Fi経由で手動同期する方法

設定の一般をタップ
th_IMG_8779

iTunes Wi-Fi同期をタップ
th_IMG_8780

今すぐ同期をタップ。同期中は上部のステータスバーに同期アイコンが表示されます。
th_IMG_8781

便利!

Wi-Fi経由での同期であれば、Lightningケーブルを接続する必要が無いので、かなり手軽になります。
また、デスクにケーブルを置きっぱなしの方であれば、ケーブルが不要になるので、デスクもスッキリします!
但し、データ量の多い同期はWi-Fi経由だと時間が掛かる場合があるので、iTunesのWi-Fi同期をオフにして、Lightningケーブルでの同期を行った方が良いかもしれません。
また、Wi-Fi同期がオンのままLightningケーブルで同期を行っても、Wi-Fi同期になってしまうので、Lightningケーブルでの同期を行う場合は、必ずWi-Fi同期をオフにしましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top