楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone 8】Touch IDが背面に配置されるとの噂 背面Touch IDは利便性を損なうことになりそう

iPhone8-20170507_up (2)
スポンサードリンク

MacRumorsが香港の調査会社CLSAのアナリストである、セバスティアン・ホウ氏とブライアン・チェン氏が公開したノートによると、次期iPhone 8は背面にTouch IDが配置される可能性が高いとの見方を示しているようです。

当初はOLEDディスプレイへの埋め込みを検討していたものの、技術上の問題が?

調査会社CLSAのアナリストである、セバスティアン・ホウ氏とブライアン・チェン氏は、これまでの調査結果を元にiPhone 8とされる、予測図面を作成し公開しました。

画像引用:MacRumors

画像引用:MacRumors

図面によるとiPhone 8のサイズは縦144mm、幅71mm、厚み7.69mmになっており、iPhone 7の縦138.3mm、幅67.1mm、厚み7.1mmと比べると、やや全体的に大きくなっています。

また前面のベゼルは細くなり、前面のほとんどがディスプレイで覆われており、FaceTimeカメラや受話口はディスプレイに囲われています。Touch IDについては、背面の中央付近に埋め込められています。

※ 既に各所で指摘されていますが、受話口〜センサー周りのディスプレイがiOSのステータスバーと干渉するようにも思えますし、ディスプレイをセンサーや受話口の穴で邪魔するぐらいなら、ディスプレイを全面に引き伸ばすメリットが無いような気も?(正直難のある設計図に思える)
※ ホームボタンはディスプレイと一体化になる前提だと思います。

仮にも図面通りの位置にTouch IDが埋め込められたら

今回の予想図面では、Touch IDがAndroidのNexusやGalaxy S8のように、背面の中央に埋め込められていますが、これを実際に想定して試してみると不便でした。

デスクに置いたままの操作が出来なくなる

iPhoneに届いた通知の内容やメッセージ内容、カレンダーのスケジュールなどをサッと確認したい時、iPhoneを机上に置いたまま操作したい時ってありますよね。

現行のiPhoneであれば、Touch IDに登録してある指をホームボタンに乗せるだけでロックを解除出来るので、iPhoneを机上に置いたまま片手で操作することが出来ますが..

2_iPhone8-20170507_up

背面にTouch IDが移動してしまうと、必ずiPhoneを手に持ってロックを解除する必要があるので、これまで通り”机上に置いたままの操作”は難しくなります。

3_iPhone8-20170507_up

2台目としてNexusを使っていた頃にも痛感していましたが、これが本当に不便です。

Touch IDを使う時に持ち方を変える必要も

アプリのダウンロードやAmazonでの買い物時には、Touch IDによる指紋認証を要求されますが、指をホームボタンに乗せるだけなので、何ら困りはしません。

4_iPhone8-20170507_up

背面中央付近にTouch IDが移動してしまうと、手の大きさや持ち方によっては、Touch IDを使う度にiPhoneの持ち方を直す必要があります。

私の手は大きめな部類ですが、iPhone 7で試してみると人差し指をグイッと立てる必要があり、決して快適とはいえませんでした。

5_iPhone8-20170507_up

背面Touch IDの見た目に関しては、好みが分かれるため言及はしませんが、個人的には利便性だけを考えたとしても「やめて欲しい」の一言。

これからiPhone 8と称する様々な図面やCADデータのリークが流れるかと思いますが、果たしてiPhone 8がどういったデバイスになるのか、Appleから正式に発表されるのが楽しみですね。

参考:MacRumors

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top