楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】iPhone7 ブラックの開封フォトレビュー アンテナラインの撤廃がやっぱり良かった!

iphone7 (1)
スポンサードリンク

今回はAppleが本日発売した“iPhone 7 ブラック 128GBモデル”の開封レビューをお届けします。イヤホンジャックの撤廃や新色ジェットブラックの登場などで、色々と物議をかもした新機種ですが、ここ最近発売されたiPhoneの中では、最も美しいiPhoneに仕上がっているでは?といった印象を受けました。

iPhone 7開封フォトレビュー

白色の外箱に浮き出たようなiPhone7のプリントが施されています。ブラックモデルのためか、Appleのロゴや文字色も全て真っ黒です。
1_iphone7_up

外箱裏面の梱包内容には、新たに”Lightning端子に対応したEarPods”と”Lightning – ヘッドフォンジャックアダプタ”が記載されています。

2_iphone7_up

梱包内容は本体、Appleステッカー、ガイド、SIMピン、Lightningケーブル、ACアダプタ、EarPods、ヘッドフォンジャックアダプタとなっています。EarPodsがプラスチックタイプのケースでは無く、簡易的な包装になっています。

3_iphone7_up

EarPodsの裏面にヘッドフォンジャックアダプタが収納されています。長さが8cm程度と非常に小さいので、紛失には注意したほうが良さそうです。

4_iPhone7_up

ブラックカラーは全面が黒色で統一されており、非常にスタイリッシュでシャープなデザインになっています。電源がオフの状態だと、ディスプレイとベゼルの境界がわからないぐらいの美しい漆黒です。

5_iphone7_up

側面と裏面は非光沢の黒色になっていますが、側面については背面よりも艶が残されており、光に当たると高級感が滲み出るような質感になっています。

18_iphone7_up

背面からはアンテナラインが撤廃され、これまでよりも断然スッキリとしたデザインになりました

14_iphone7_up

大きな技適マークの刻印も撤廃され、代わりに「総務省指定 MIC/KS 第EC-16006号」或いは「総務省指定 MIC/KS 第EC-16007号」といった文字が刻印されています。「iPhoneの筐体に漢字」と聞くと何ともミスマッチな気もしますが、この刻印は光を上手に当てないと見えないような文字色、太さで刻印されているので、刻印が見た目を駄目にしているような印象は受けません。

11_iphone7_up

これまでiPhoneの下部は左右非対称の作りでしたが、iPhone7ではイヤホンジャックが撤廃されたことにより、ようやく左右対称のデザインになりました。スピーカーとマイクの位置も微妙に変更されており、若干Lightning端子部分(中央)に寄っています。

12_iphone7_up

スリープスイッチとボリュームボタン周りには、大きな変化はありません。上端と下端にはアンテナラインが健在なものの、アンテナラインの色が筐体と同じ色になっているので殆ど目立ちません。

13_iphone7_up

上部にはFaceTimeHDカメラと受話スピーカーが搭載されています。iPhone7からは受話スピーカーが通常スピーカーの役割も担っており、下部のメインスピーカーと合わせることで、ステレオで音源の再生が可能です。

6_iphone7_up

ホームボタンは物理ボタンから感圧ボタンに変更され、若干透明がかっています。新たなホームボタンは、電源がオフの状態では”ただの凹み”ですが、電源が入った状態でホームボタンを押下すると、内蔵されたタップティックエンジンにより、擬似的な押下感を得られます。

7_iphone7_up

カメラ性能が大幅にアップグレードされたことにより、レンズが従来よりも大きくなりました。カメラ周りのリングが撤廃され、尚且つカメラ周りの傾斜が緩やかになる加工が施されており、従来の機種よりも出っ張りが目立ちづらくなっています。

10_iphone7_up

iPhone6sと外観を比較

iPhone7とiPhone6sの外観を比較すると、いかにアンテナラインがデザインの面で邪魔なものであったのかを痛感します。

15_iphone7_up

下部のイヤホンジャックが撤廃され、iPhoneらしくなかった左右非対称の問題も改善されました。未だ批判の声も相次ぐイヤホンジャックの撤廃ですが、恐らくは今後長い時間を掛けて、モバイル端末のイヤフォンジャック非搭載がスタンダートになっていくのかもしれませんね。

16_iphone7_up

カメラのサイズは大きくなってしまったものの、傾斜の緩やかなの加工とリングの撤廃によって、より筐体に馴染んだカメラになったように思えます。

17_iphone7_up

実際に手元で見てみて感じたこと

今回のiPhone7は、イヤホンジャックやアンテナラインなどが撤廃されたことによって、Lightning端子周りが左右対称化され、背面の一体感が一層高まり、旧機種よりも洗練されたデザインのiPhoneになった印象を受けました。

コメント2件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いいですね~
    私もさっそく川崎のラゾーナで触ってきました。
    ボタンの押す感覚が斬新でしたね・・・
    私は6sなので、次は7sでしょうか?
    それとも

    • これまでの感覚であれば、次はiPhone 7sになりそうですよね。恐らくはスペック向上が図られると思われますが、現時点では全く予想できず..

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top