楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

iPhone 7からヘッドホン端子が消える?DAC搭載ポタアンの需要が高まりそう

cat (1)
スポンサードリンク

MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、信頼できる情報筋の話としてiPhone 7からヘッドホン端子を廃止する計画を進めていると伝えています。

ヘッドホン端子を廃止することで1mmの薄型化へ

iPhone 7からヘッドホン端子(フォーンプラグ)を廃止することで、iPhone 6sと比べ厚みを1mm以上薄くすることが可能なようです。
ヘッドホン端子は3.5mmのミニプラグなど、既に標準規格が定まっているため、Appleが独自に穴を小さくすることは難しく、薄型化を目指すのであればヘッドホン端子を廃止する必要があるとのことです。

果たして1mmの薄型化にヘッドホン端子を廃止する程の価値があるのかは何とも言えませんが、Appleは薄型化に力を注ぎ込んでいるので、その弊害となるのであれば、Bluetoothなどの代替接続方法があるヘッドホン端子を切り捨てそうな気もします。

今後はBluetoothが主流に?

Bluetooth接続のイヤホンやヘッドホンなどは、ヘッドホン端子の廃止による影響を受けないとのことです。
以前までは音質が荒いなど様々なデメリットが際立っていましたが、現在は圧縮転送技術apt-Xにも対応した製品が増えており、ミニプラグ(3.5mm)に負けないぐらい高音質なBluetoothイヤホンも登場しているので、もしかすると主流が徐々に有線から無線に移り変わっていくのかもしれませんね。

お気に入りの有線イヤホンやヘッドホンを使うには

もし現在しているミニプラグのイヤホンやヘッドホンをiPhone 7で使おうとするのであれば、Lightning端子対応のデジタルオーディオコンバーター(DAC)を搭載している、ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)を噛ませる必要がありそうです。
なお、付属イヤホンのEar PodsについてはLightning端子部分にDACが組み込まれるとの話も挙がっている模様です。

DACの用語解説(補足)

DACとは、デジタル信号をアナログ信号に変換する電子回路。離散値で表現されたデジタル電気信号を入力すると、対応する連続量のアナログ信号を出力する。

コンピュータでは、メモリ上でデジタルデータとして管理されている画面の表示情報をアナログ信号に変換してディスプレイ装置に送出したり、音声データをアナログ信号としてスピーカーに送出したりといった用途で主に用いられている。

引用:IT用語辞典

ポタアンの用語解説(補足)

アンプはボリュームの役目を担うものなので、iPodやWalkmanなどのデジタルオーディオプレイヤー(DAP)の中にも組み込まれています。しかし、DAP内蔵のアンプの多くは、音質よりも、省電力でいかに長時間駆動するかが優先されています。
そこでポタアンの登場です。ポタアンとは『ポータブルヘッドホンアンプ(PortableHeadPhoneAmp)』 を略したもので、ポータブルと名のつく通り、持ち運びができるように、電池式となっているものが主流です。

アンプは、電気の力で音声信号を増幅するので、電力をいかに豊富に使うかが大事になります。ポタアンは、DAP内蔵の節約された電力ではなく、専用に電力を用意して贅沢に使い高音質を目指そう、というものなのです。

引用:e☆イヤホン

参考:MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top