楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple】iPhone 6 Plus対象「Multi-Touch 修理プログラム」が開始 過去有償修理した場合は差額返金の可能性あり

076_iPhone 7s
スポンサードリンク

Appleが画面の一部が点滅したり、タッチを受付けなくなったiPhone 6 Plusについて、特別料金で修理を行う「Multi-Touch 修理プログラム」を開始しました。

今年8月末頃に話題になった「タッチ病」

今回の画面が点滅したり、タッチ操作を受け付けなくなる問題は、今年8月頃に海外を中心に「タッチ病」という名で話題になりました。タッチ病が生じる原因としては、デバイスが湾曲してしまうと、基盤であるロジックボードに半田付けされた“タッチスクリーンのコントロールチップ”が外れてしまう事とされています。

【故障】iPhone 6とiPhone 6 Plusで「画面上端が灰色にちらつく」「タッチの反応が鈍くなる」などの問題が多数発生中【故障】iPhone 6とiPhone 6 Plusで「画面上端が灰色にちらつく」「タッチの反応が鈍くなる」などの問題が多数発生中

iPhone 6とiPhone 6 Plusで採用されたアルミ筐体は、湾曲に対する強度不足が多々指摘されており、強度不足の問題が結果的に“タッチスクリーンのコントロールチップ”が外れる問題(タッチ病)を助長した結果となったのかもしれません。

iPhone 6をGenius Barに持ち込んだら知らぬ間に本体が歪んでいたiPhone 6をGenius Barに持ち込んだら知らぬ間に本体が歪んでいた

特別修理対象は「iPhone 6 Plus」のみ。過去有償修理した場合は返金の可能性あり

今回Appleが開始した「Multi-Touch 修理プログラム」は、iPhone 6 Plusのみ対象となっており、iPhone 6は対象外となっています。また特別修理プログラムは無料で行われることが多いですが、今回は使用者側の過失もあるとして、特別料金14,800円での修理となっています。

一部の iPhone 6 Plus において、画面の一部がチカチカ明滅したり Multi-Touch が反応しなくなったりする場合があることが判明しました。こうした症状は、表面の硬い所に iPhone を何度も落とした後、さらに何らかの衝撃や圧力が加わったときに起きる可能性があります。
引用:iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム – Appleサポート

また過去に正規サービスプロバイダで、「タッチ病」と思われる症状で有償修理を行った場合は、特別料金14,800円との差額分の返金を受け取ることができます。Appleは順次該当者に連絡をしているようですが、もし連絡が未だ来ていないのであれば、Appleサポートに連絡することをお勧めします。

この問題に関して Apple または Apple 正規サービスプロバイダですでに有償で修理をされた方には、Apple からご連絡を差し上げた上で返金手続きをさせていただきます。この問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず Apple からまだ連絡がない場合は、お手数ですが Apple までご連絡ください。
引用:iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム – Appleサポート

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top