楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Apple StoreでiPhone 6/6sシリーズの新たな修理プログラムを導入

cat (1)
スポンサードリンク

9To5Macによると、Apple StoreのGenius Barの混雑解消の為に、今週からアメリカ、ヨーロッパ、日本の一部Apple Storeにて、iPhone 6/6sシリーズの新たな修理プログラムを開始するようです。

修理センター行きとなる3つの条件

故障したiPhoneが次の3つの条件のいずれかに該当する場合は、今後はApple Storeでの修理では無く修理センターでの修理となります。
Apple Store従業員の話によると、これらの修理には時間を要するケースが多かったようです。

  • iPhoneをPCのiTunesに接続できない場合
  • iPhoneの電源が一切入らない場合
  • iPhone起動時のAppleロゴーマークから先に進まない場合

持ち込んだiPhone6/6sが上記条件を満たしているかどうかは、Genius Barのスタッフが判断するのでは無く、自動化された専用システムによって判断される模様です。

代替え機の貸し出し

iPhone6/6sを修理センターに送る事に同意ができる場合のみ、代替機として16GBモデルのiPhone 6が貸し出されるようです。
代替機の貸し出しは、Appleとしては初めての試みとなっています。
また修理センターでの修理を終えるには3〜5営業日掛かる見込みです。

便利になった?不便になった?

今回の新しい修理プログラムによって、これまでは即日修理交換となっていたケースでも、システムが修理センター送りと判断してしまった場合は、3〜5営業日以上待つ必要が出てくる可能性があります。
また、貸出機のiPhone 6は16GBモデルとなっているので、もし16GB以上のiPhoneのバックアップを取っている場合、代替機に完全なデータを復元することは出来ません。
今回の新しい修理プログラムが便利になったかどうかは、ケース・バイ・ケースかもしれません。

エクスプレス交換サービスという選択肢

もし修理センター行きとなってしまった場合、少しでも早く同じモデルのiPhoneを受け取りたいのであれば、エクスプレス交換サービスを利用した方が早くなるケースも増えるかもしれません。
過去にエクスプレス交換サービスを利用した時は、2日後に交換機が届いたことがあります。(北海道)

【メモ】水没故障したiPhoneをエクスプレス交換サービスで修理交換しました【メモ】水没故障したiPhoneをエクスプレス交換サービスで修理交換しました

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top