楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone X】開封レビュー、美しい高級感溢れるデザインにFace IDの嬉しい誤算

iphonex_20171104 (1)
スポンサードリンク

Appleが11月3日にiPhone Xを発売。発売日に無事入手することは出来たものの、前日から高熱に見舞われ寝込んでいました。

今日になり、ようやく解熱剤諸々が効いてきたのか体調が良くなってきたので、1日遅れましたが開封レビューをお届けします!

より美しく、重厚感が増したiPhone X

パッケージはいつも通り、iPhoneがプクッと膨れ上がるプリントが施された化粧箱。

箱の大きさは、iPhone 7やiPhone 8と比べ若干大きい程度ですが、箱を手にしたときの重量感は段違いで、ズッシリと重たいです。

1_iphonex_20171104_up

箱を空けると取扱説明書、iPhone X スペースグレイ 256GBモデルの本体がお目見え。箱を開けた時の「Hello.」がやっぱり恋しい。

2_iphonex_20171104_up

付属品はEarPods、Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ、ACアダプタ、Lightningケーブルの4つ。このあたりは旧機種と違いはありません。

3_iphonex_20171104_up

iPhone Xの圧倒的な画面サイズ

実際にiPhone Xを起動してみると、全面ディスプレイの圧倒的な画面サイズに圧倒されます。ディスプレイも有機ELになったこともあり、より鮮明且つ鮮やかでパキッとした発色に。

ただ視野角が思った以上に狭いようで、多少の斜めから画面を覗き込むと、画面の色味が緑〜青っぽくなってしまうのが残念ポイント。

4_iphonex_20171104_up

iPhone 7と実際に見比べてみると、本体サイズはほとんど変わらないものの、画面サイズの差は圧倒的です。

13_iphonex_20171104_up

ステータスバーは二つに分断、最低限の情報のみステータスバーに表示

画面上部(ステータスバー部分)はセンサーハウジングによってディスプレイが分断されています。

全体の画面サイズが大きくはなったものの、ステータスバーについては表示領域が狭くなってしまったので、バッテリー残量の%値など、全てのステータスバーの情報を確認するには、コントロールセンターを起動する必要があります。

5_iphonex_20171104_up

ホームボタンよりも快適な1本のバー

iPhone Xではホームボタンが撤廃され、代わりとなる1本のバーが画面に表示されます。

これまで「ホームボタン」に慣れていたこともあり、突然の大幅な変更に不安を抱いていたものの、実際に使ってみるとすぐに慣れることができました。

操作に慣れてくると、寧ろホームボタンよりもレスポンスが早いですし、何より左右にスワイプするだけでアプリ間を自由に行き来出来るのが便利過ぎです。

6_iphonex_20171104_up

美しすぎる背面の鏡面仕上げ

背面は鏡面仕上げの強化ガラス素材。iPhone 7などのアルミ素材の背面パネルと見比べてしまうと、高級感や美しさは比べ物にならないほど素晴らしいです。

ただ、万が一割ってしまうとAppleCare+未加入で6万円弱の修理費用が掛かってしまうので、そのあたりの自己管理は注意が必要。

7_iphonex_20171104_up

15_iphonex_20171104_up

カメラは望遠レンズも光学式手ブレ補正対応に

カメラレンズは1200万画素の縦型デュアルレンズカメラ。一眼レフ風のボケ写真が撮影できるポートレートモード、照明効果を加えることが出来るポートレートライティングの両対応。

またiPhone 8 Plusでは望遠レンズのF値が2.8でしたが、iPhone Xでは望遠レンズのF値が2.4と若干明るくなり、尚且つ光学式手ぶれ補正にも対応しています。

9_iphonex_20171104_up

電源ボタンはサイドボタンとなりサイズも大きく

これまで右側面に備わっていた電源/スリープボタンは、サイドボタンといった名称に変更され、ボタンサイズも大きくなりました。

iPhone Xではホームボタンが撤廃された兼ね合いで、サイドボタンと音量(小)、音量(大)を同時押しするような操作が増えています。

※ サイドボタンと音量(小)長押しで電源オフ、サイドボタンと音量(大)押下でスクリーンショット等。

10_iphonex_20171104_up

側面も高級感が滲み出ているステンレスフレーム

ステンレススチール素材のフレームは、どこから見ても重厚感、高級感が滲み出ています。

12_iphonex_20171104_up

Lightning端子、スピーカーグリル周りについては大きな変化はありません。

11_iphonex_20171104_up

iPhone Xを使ってみての感想、総評

iPhone Xは見た目は言うまでもなく美しいですが、カメラ性能の向上、Face ID(顔認証の搭載)、ホームボタンの撤廃など、中身も大きく変化しています。

Face IDはiPhone Xの内面カメラで、顔をクルッと一周させることで簡単に設定することができ、認証速度も早く、画面を点灯させてから1秒弱でロックが解除できます。

Touch IDだと指が濡れていると解除することができませんが、Face IDならそういったことも心配も無く、シャワー後、家事中も簡単にiPhoneのロックを解除することができるのは嬉しい。

またTouch IDによるロックに対応したサードパーティーアプリ(1PasswordやSpark等)を起動した場合、iOS側で自動的にTouch IDをFace IDに切り替えてくれるのは、大きな嬉しい誤算でした。

ホームボタンの代わりとなる1本のバーについても、使ってみると意外と慣れるまでも早く、今では既にホームボタンよりもバーの方が快適に感じるほど。

バーを左右にスワイプするだけでアプリを切り替えることができるので、例えば1Passwordでパスワードをコピーして、パスワードを入力したいアプリに戻るといった、複数のアプリをまたぐ操作をするにしても、マルチタスクを起動する必要が無くなったので本当に快適です。

iPhone Xの価格は10万円オーバーと決して安くは無い価格ですが、個人的には価格分は楽しませて貰える機種に仕上がっているように思えます。

16_iphonex_20171104_up

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top