楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone X】ディスプレイを長持ちさせる方法 画面の焼き付きに要注意

iphonex_20171108
スポンサードリンク

iPhone Xのディスプレイは「Retina HDディスプレイ」から「Super Retinaディスプレイ」にアップグレードされました。

Super Retinaディスプレイは、OLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)なので、従来の液晶ディスプレイよりも色の再現精度に優れていますが、それと同時に「残像」や「焼き付き」といった問題が起きる場合があります。

そんな問題を回避する為に、AppleがiPhone Xのディスプレイの長持ちする使い方をサポートページで案内しています。

最新のiOSアップデートを適用する

ディスプレイを長持ちさせる為に、第一として最新のiOSアップデートを適用することを推奨しています。

アップデートがディスプレイの寿命に直結する理由については説明されていませんが、ソフトウェア側からOLEDディスプレイに負荷を掛けない調整が行われるのかもしれません。

なおiOSアップデートでは、設定一般ソフトウェア・アップデートからダウンロード、適用することができます。

1_iphonex_20171108_up

明るさの自動調節を使用する

バッテリーの消費電力を節約する目的として、明るさの自動調節をオフにしがちですが、iPhone Xのディスプレイを長持ちさせるのであれば、オンにすることが推奨されています。

明るさの自動調節は設定一般アクセシビリティディスプレイ調整から変更することができるので、今一度確認しておくと良さそうです。

2_iphonex_20171108_up

自動ロックを使用する

うっかり画面を点灯させたまま放置してしまうと、画面の輝度や表示画面によっては、ディスプレイへの焼き付きが起きかねません。特に就寝前にベッドの中でiPhoneを触る方は注意が必要です。

万が一画面を点灯したまま放置してしまった時に備えて、設定画面表示と明るさ自動ロックから、30秒〜5分の好きな時間を設定しておくと安心です。

3_iphonex_20171108_up

画面を点灯したまま放置するのは避ける

最大輝度で静止画像(写真、漫画、ウェブページなど、画面に動きがないコンテンツ全般)を長時間表示することは避けたほうが無難です。

どうしても画面に表示し続けたい場合は、iPhone Xの右上を下にスワイプしてコントロールセンターを起動し、一時的に画面の輝度を低くすることで「焼き付き」を防ぐことができます。

4_iphonex_20171108_up

Appleサポートページによると、焼き付き自体への対策もしっかりと施されているようですが、「明るい輝度で静止画像の長時間表示」だけは避けるようにした方が良さそうです。

これもまた予想されることで、「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映るといった現象も、起きるようになる場合があります。極端な例になると、高コントラストの同じ画像が長い時間表示され続けることもあります。Super Retina ディスプレイの開発にあたっては、こうした OLED の「焼き付き」現象の低減という点でも、業界最高を目指しました

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top