楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone X】バッテリーを長持ちさせるには色の反転と黒い壁紙が効果的

iphonex_battery_20171112 (1)
スポンサードリンク

iPhoneを使う上で切り離せないバッテリー問題。iOS11.1で、以前よりもバッテリーの駆動時間が改善されているようですが、今もなおバッテリードレインの問題を訴える声が相次いでいます。

バッテリーを長持ちさせる方法として、明るさの自動調節をオフ、Wi-FiやBluetoothを使用しない時はオフにするなどは鉄板ですが、iPhone Xでは黒い壁紙の適用、色を反転(スマート)、カラーフィルター(グレイスケール)が、バッテリーの節約効果が高いようです。

反転と黒い壁紙でバッテリーを大幅節約

iOS11以降をインストールしたiPhoneでは、設定一般アクセシビリティディスプレイ調整色を反転反転(スマート)をオンにすることで、iOSの配色レイアウトを黒色基準に変更することができます。

1_iphonex_battery_20171112_up

AppleInsiderによると、上記の反転(スマート)をオフにして、画面の明るさを最大輝度に設定し、Safariで白色背景且つ黒文字のWEBページ(Reddit)を静的に表示し続けたところ、3時間で約72%ものバッテリーを消耗。

しかし、反転(スマート)をオンにすると、3時間で約15%程度のバッテリーしか消耗せず、結果的に約58%ものバッテリー残量を節約することができるようです。

また黒色のシンプルな壁紙を適用するのもバッテリーの節約として効果的のようで、最大輝度でホーム画面を3時間表示し続けても、バッテリー残量が約23%程度しか消耗しないとのこと。

(カラフルな壁紙を適用したホーム画面を3時間表示し続けると、約39%ものバッテリーが消耗)

2_iphonex_battery_20171112_up

反転(スマート)にあわせて、設定一般アクセシビリティディスプレイ調整カラーフィルタグレイスケールを使用することで、更にバッテリーの節約効果が望めるようです。

3_iphonex_battery_20171112_up

但し、グレイスケールを適用した場合、写真やメディアの色味も失われてしまうので、バッテリーを節約するための設定としては反転(スマート)黒い壁紙までに抑えた方が良いかと思います。

コメント3件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Android端末は(今は違うかもしれませんが)「壁紙無し」が裏技で出来るんですよね。壁紙無しにすると速さも電池の持ちも段違いでした…Android歴はかなり短かかったのですがw

    で、SEの場合。
    「反転(スマート)」が説明書きと異なり、クラシック同様に全部反転します(苦;)ゞ
    Appleにも報告します〜

  2. 追記

    失礼致しました。
    反転(スマート)の画像が反転する件、検索したところ未対応のアプリが多いとの事でした。
    まさかそれにsafariが含まれているとは…
    と、いうことで、Appleへの報告もやめました。
    結構気に入ったので、AssistiveTouchに付け加えます。

    • iPhone XでもSafariは反転するようです(・・;)
      体感でもバッテリーの持ちがよくなった気がするので、今後のアップデートで対応アプリが増えると、より実用的になりそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top