楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone X】アプリを閉じる、通知センターを開くなど、4つの基本操作をボタン一つで済ませるテクニック

ios11-tapaction_20171124_up (2)
スポンサードリンク

iPhone Xではホームボタンが撤廃されたことで、アプリを閉じる時は下端を上にスワイプ、コントロールセンターを開く時は右上を下にスワイプと、指の動きが大きくなりました。

今回はアプリを閉じる、マルチタスクを開く、通知センターを開く、コントロールセンターを開くといった、iPhone Xで変更された基本操作を一つのボタン操作だけで済ませるテクニックを紹介します。

片手持ちでカバーできる操作がグッと増えるので、ゴロ寝しながらiPhone〜なんて時だけでも重宝します。

AssistiveTouchのカスタムアクションを活用する

iOS11では、アクセシビリティのAssistiveTouchが機能強化され、新しくカスタムアクションを利用することが出来るようになりました。

カスタムアクションを活用することで、タップやダブルタップなど簡単な操作方法の使い分けだけで、最大4つの基本操作をすることができます。

  1. 設定一般アクセシビリティAssistiveTouchの順にタップ。
  2. 1_ios11-tapaction_20171124_up

  3. シングルタップホームを選択、戻るをタップしてAssistiveTouchの設定画面に戻る。
  4. 2_ios11-tapaction_20171124_up

  5. 同じ手順で次の項目を設定してください。
    • ダブルタップマルチタスク
    • 長押し通知センター(※ 長押し継続時間を0.2秒に設定すると尚快適)
    • 3D Touchコントロールセンター

これらの設定を済ませると、画面に表示される仮想ボタン(AssistiveTouch)で、次の4つの操作をすることが出来るようになります。

  • タップでアプリを閉じる
  • ダブルタップでマルチタスクを開く
  • 長押しで通知センターを開く
  • 3D Touchでコントロールセンターを開く

仮想ボタン(AssistiveTouch)の位置は、ドラッグ操作で自由に変更できるので、親指が届きやすい場所に配置すると便利です。

5_ios11-tapaction_20171124_up

もしAssistiveTouchの色が濃く邪魔に感じる場合は、設定一般アクセシビリティAssistiveTouch待機状態時の不透明度を開き、スライダーを左端までスライドすることで、色が薄くなります。

3_ios11-tapaction_20171124_up

ゲームアプリなど画面全体を使用する場合は、AssistiveTouchがあるとアプリの操作に影響が出る場合もあるので、設定一般アクセシビリティショートカットAssistiveTouchにチェックを入れることで、サイドボタンを3回押すだけで簡単にオンオフ切り替えることが出来るので、設定しておくと安心です。

4_ios11-tapaction_20171124_up

iPhgone Xを使い始めてから日も経つので、基本操作は大分慣れてきたものの、やっぱり片手持ちで操作すると親指への負担を感じます。

AssistiveTouchを活用すると、親指を無理に伸ばす必要が無くなるので、ぜひ活用してみてください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top