楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone X】アラームの音量が小さくなる時は画面注視認識機能が原因

aram_20171219
スポンサードリンク

今回はiPhone Xでアラーム音量を大きくしているにも関わらず、アラームの音量が小さくなる時の原因と対処法について解説します。

iPhone Xのアラーム音量が小さくなる原因

iPhone Xを使用しているユーザーから「アラームの音量が小さくなる」といった声を度々耳にします。

アラームの音量が突然小さくなってしまうので、原因がわからず不具合と誤解するケースも見受けられますが、これはiPhone Xに搭載された顔認証機能(Face ID)を使用した”画面注視認識機能”が原因である可能性が高いです。

デバイスを見ていないときにディスプレイを暗くしたり、デバイスを見ているときは通知音量を下げるなど、画面注視認識機能を発揮してくれます。

アラーム音量も通知音量に含まれるので、アラームが鳴った時にiPhone Xを手に取り画面を見てしまうと、アラーム音量が大きく低下します。

1_aram_20171219_up

画面注視認識機能をオフにする方法

もし画面注視認識機能が不要、あるいはアラームの音量が下がると困る場合は、次の手順で画面注視認識機能をオフにすることができます。

  1. 設定Face IDとパスコード画面注視認識機能をオフにする。
  2. 2_aram_20171219_up

上記設定を変更することで、iPhone Xを手に取った時にアラーム音量が下がるようなことが無くなります。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top