楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【噂】2017年に発売される新型iPhoneの筐体にはガラスが採用される?

076_iPhone 7s (1)
スポンサードリンク

iPhoneの筐体製造を請け負っている台湾のサプライヤーCatcher Technologyの現CEO Allen Horng氏が、株主総会後に記者団に対して「来年発売されるiPhoneのひとつのモデルには、筐体にガラスが採用される見込みだ」と発言し、このことをNikkei Asian Reviewが取り上げ話題になっています。

iPhoneにも「高級モデル」が登場する?

Allen Horng氏によると「iPhoneの筐体をガラスにするには耐久性のある金属フレームが必要で、それには高度な加工技術が必要となるので、現行モデルよりも安くなることは無い」と伝えています。仮にもこの一件が実現するのであれば、iPhoneにも「Apple Watch Hermès」のような特別モデルが登場するのかもしれません。

筐体がガラスになるメリットはあるのか

もし新型iPhone(一部モデル)の筐体にガラスが採用されるのであれば、重量が今よりも軽くなり、外観も特別なデザインになるかもしれません。しかし傷や衝撃に強い7000番台のアルミ合金が採用されている、現行のiPhoneと比べると、強度が落ちる可能性も十分に考えられるので、果たしてこれが実用的なのかどうかは少し怪しいような気もします。

仮にもApple Watchに採用されたサファイアガラスを採用するのであれば、強度の面では心配する必要は無いかもしれませんが、その場合は価格が末恐ろしいことになりそうです。

サファイアガラスが採用された軍用規格スマホの強度試験動画

Source:MacRumors

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top