楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【故障修理】iPhoneやiPadの調子が悪い時はiOS診断をしよう!

cat
スポンサードリンク

iPhoneやiPadが調子が悪い時、原因を見つける為にGoogleでひたすら検索や、Appleのサポートに即電話をしていませんか?
実はiOS7と同時にAppleのサポートページから「iOS診断」という機能が使えるようになりました。
端末情報をAppleに送信する事で、iPhoneやiPadの不具合が原因となっている部分を特定したり、見つからない場合はサポートへの連絡方法が表示される便利な機能です。
iOS診断自体がiOS7の他機能紹介に埋もれてしまい、認知度がちょっと低めです。
今回はiOS診断を使用する方法を解説!

iOS診断活用方法

Appleサポートにアクセスし、お問い合わせ部分の「こちらから」をクリック
0215-1

「こちらからスタート」をクリック
0215-2

診断したい機器をクリック。ここではiPhoneとします。
0215-3

不具合が起きている部分をクリック
0215-4

更に詳しい状態をクリック
0215-5

復元をしても改善されない場合は「いいえ」をクリック
0215-6

「お使いの製品から直接〜」のボックスをクリック
0215-7

iPhoneのメールアプリのメールアドレスを入力し、「続ける」をクリック
0215-8

メールアプリを開き、iOS診断メールの「iOS 診断」ボタンをタップ
th_IMG_8267

テスト方法を「簡易テスト」「詳細テスト」のどちらかを選択
簡易テストでは、シリアル番号、デバイスの名前、発信記録等
詳細テストでは、アプリの使用状況やデータ、通話時間等の細かい情報も送信されます。
通常であれば「詳細テスト」で問題ありません。
th_IMG_8269

先程のWEBページのプログレスバーが動き始めます。
詳細テストであれば2分程で完了します。
もしiPhoneの画面では完了しているのにも関わらず、WEB画面が遷移しない場合は「再度確認してください」をクリックしてください。
0215-9

特に診断で問題が見つからなかった場合は下記画像のようなサポート方法のページが表示され、何らかの不具合が見つかった場合は専用の解決方法が書かれたWEBページが表示されます。
0215-10

活用するべき

何らかの不具合が起きた際に診断を行ってからサポートに連絡する事をお勧めします。
サポートセンターとのやりとりは長くなりがち。
もしかするとiOS診断だけで解消方法がわかるかもしれません。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top