楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】年齢制限のあるアプリの起動やダウンロードを制限・解除する方法

nenreiseigen-2211
スポンサードリンク

今回はiPhoneで年齢制限のあるアプリのダウンロードや起動を制限する方法と解除する方法について解説します。お子さんにiPhoneを一時的に貸与する場合や、連絡用としてiPhoneを持たせる場合に設定しておくと安心です。ただし、デメリットもあるので注意が必要です。

追記
Twitterアプリが年齢制限アプリの対象となり、アプリアイコンが消える事例が多発しています。アプリアイコンを復活させる方法も含め、詳細はコチラの記事で解説しています。

【Twitter】アプリアイコンがホーム画面から消える問題が発生中 アプリが消えた場合は機能制限を見直して解決【Twitter】アプリアイコンがホーム画面から消える問題が発生中 アプリが消えた場合は機能制限を見直して解決

年齢制限アプリの起動・ダウンロードの制限方法と解除方法

  1. 設定一般機能制限をタップ。
  2. 1_appage

  3. 機能制限を設定をタップして、機能制限用パスコードの入力して進む。
    ※ 年齢制限用パスコードは忘れてしまうと再設定が不可能なので、忘れないようお気をつけ下さい。
    ※ 既に機能制限が設定されている場合、この時点で機能制限用パスコードの入力を求められます。
  4. 2_appage

  5. Appをタップして、起動やダウンロードを許可する年齢のレートを選択して設定アプリを閉じる。
    ※ 解除する場合は”すべてのAppを許可”をタップしてください。
  6. 3_appage

機能制限で年齢制限を設定するとどうなるのか

年齢制限に該当したアプリは、ホーム画面からアプリのアイコンが非表示になり、起動が一切できなくなります。
4_appage

また年齢制限対象となっているアプリのダウンロードボタンもタップが出来なくなります。
5_appage

機能制限解除後はホーム画面の表示位置が乱れる可能性あり

機能制限で年齢制限の設定を解除すると、フォルダに格納されていた年齢制限に該当するアプリは、フォルダの外に飛び出しています。もし一時的に貸与する際に機能制限を設定する場合は、設定前にホーム画面のスクリーンショットを撮影しておくことを強くお勧めします。
6_appage

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top