楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

iPhoneを寝ながら横画面で使う時に便利な画面回転を防ぐ持ち方

cat
スポンサードリンク

iPhoneを寝ながら横画面で使っていると、少し傾けただけで縦画面になってしまうことはありませんか?
以前にこの問題を解決する為に、「iPhoneの画面を横向きで固定する方法」を解説しましたが、アクセスガイドの設定や回転ロック解除時のパスコードの入力の手間が増えてしまうデメリットがあります。

もし上記のアクセスガイドを使った画面の回転ロック方法が面倒に感じるのであれば、iPhoneの持ち方を少し変えるだけで、不用意な画面の回転に悩まされることが少なくなるかもしれません。

iPhoneの「縦持ち」判断基準

iPhoneは内部のジャイロセンサーでデバイスの下側(ホームボタン側)が床に向いている時は「縦持ち」、左右どちらかに向いている時は「横持ち」と判断しています。

寝ながらiPhoneを使って真横に向いた際に、横画面から縦画面に切り替わってしまうのはこの為です。
1_disprotation

しかし、デバイスの下側が天井に向いている時は、iPhoneは「縦持ち」「横持ち」とも判断できず、現状の表示方法を維持する仕様となっているので、「寝ながら横に向く方向と逆側の手でホームボタン側を持つ」ことで、横画面から縦画面に回転することを防ぐことができます。

右横を向いて使うのであれば、左手でホームボタン側を持つといった具合。
2_disprotation

たったこれだけの違いですが、ごろ寝しながら使う時には便利な持ち方なので、是非試してみてください。
書き忘れてしまいましたが、横画面で使う際はコントロールセンターの「回転ロック」をオフにすることを忘れずに。

3_disprotation

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top