楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS9】「購入した項目を転送」の代用にはiTunesの自動ダウンロード機能が便利

0_appautodownload (1)
スポンサードリンク

iOS9では、アプリの必要なデータのみダウンロードする仕様(App Thinning)になった影響で、iPhoneからiTunesに「購入した項目を転送」を行っても、アプリのデータ(ipa)はiTunesに転送されなくなりました。
この件については以前コチラの記事で詳しく解説しています。

これまで通りアプリのデータ(ipa)をiTunesに残したい場合は、iTunesでiPhoneにインストールしたアプリを手動でダウンロードする必要があるのですが、「iTunesでアプリの自動ダウンロード」を使うことで、PCをネットワークに接続してiTunesを起動するだけで、アプリのデータ(ipa)が自動的にPCにダウンロード保存されるようになります。

自動ダウンロードの設定方法

iTunesのメニューから「環境設定」を開く。
※ Windowsの場合は、「Ctrl + B」でメニューを表示させ「編集」→「設定」を開く。
1_appautodownload

「Store」→「App」にチェックを入れる→「OK」の順にクリック。
※ 自動的にダウンロードの項目が表示されていない場合は、iTunesでiTunes Storeにサインインしてください。
2_appautodownload (1)

上記の設定を全て終え、下記条件を満たすとiPhoneでインストールしたアプリが自動的にiTunes(PC)にダウンロードされます。

  • iPhoneとiTunesで同一のApple IDでサインインをする。
  • iTunes(PC)がネットワークに接続されている。
  • iTunesを起動している。

3_appautodownload.png

アプリのダウンロード状況については、右上の下矢印ボタンをクリックすると確認することが出来ます。
5_appautodownload

アプリのアップデートは手動操作が必要

アプリの自動ダウンロードは、新規ダウンロード時のみに行われます。
なのでiPhoneでアプリをアップデートしても、iTunesに保存されているアプリ(ipa)は旧バージョンのままになるので、マイAppでアップデートをする必要があります。

マイAppを開き「⌘command + A」→「右クリック」→「X本のAppをアップデート」をクリックすると、アプリをまとめてアップデートをすることができます。
※ Windowsの場合は「Control + A」で一括選択が可能。
6_appautodownload

PCでアプリのバージョン管理をすることで、万が一アップデートによってアプリに不具合が生じてしまった時に、アプリのバージョンを下げることができるので便利です。

【iPhone】iOS9でアプリのバージョンをダウングレードする方法【iPhone】iOS9でアプリのバージョンをダウングレードする方法

コメント1件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今はこの方法でもiPhoneからiTunesへはアプリの転送は出来ないようです

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top