楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】マップの3D地図(3D Flyover)に函館市などを含む世界30箇所が追加

072_Maps
スポンサードリンク

日本の函館市や秋田市を含む、世界各国の合計30箇所がマップの3D地図(3D Flyover)に新たに対応したことが明らかになりました。Apple公式サイトの3D Flyover対応地域リストも既に更新済みのようです。

今回追加されたとされる30箇所

  • 日本
    • 秋田市
    • 萩市
    • 函館市
    • 浜松市
    • 熊本市
    • 角島
  • アメリカ
    • カナリナ島:カリフォルニア州
    • ピナクルズ国立公園:カリフォルニア州
    • ポータビル:カリフォルニア州
    • ヴァイセーリア:カリフォルニア州
    • タラハシー:カリフォルニア州
    • マーサズ・ヴィニヤード:マサチューセッツ州
    • スプリングフィールド:マサチューセッツ州
    • オマハ:ネブラスカ州
    • ポキプシー:ニューヨーク州
    • ロチェスター:ニューヨーク州
    • アレンタウン:ペンシルバニア州
    • コロンビア:サウスカロライナ州
  • メキシコ
    • アカプルコ
    • クエルナバカ
    • エルモシージョ
    • ラパス
    • オアハカ
    • プエブラ
  • イタリア
    • ナポリ
    • パレルモ
  • スペイン
    • ヒホン
    • ビーゴ
  • その他
    • ライプツィヒ:ドイツ
    • ストーク=オン=トレント:イギリス

3D Flyoverの使い方

マップアプリで対応地域を表示し、「iボタン」→「航空写真」→「3Dマップ」と操作することで、3D Flyover機能を利用することができます。3D Flyoverモード中は、ピンチイン・アウトで拡大縮小、二本の指でドラッグをすることで角度を自由に調整することができます。
1_3dflyover_up

また一部地域では、名所を自動で巡ることができる”3D Flyoverツアー”を楽しむことができます。
2_3dflyover_up

Source:Apple via MacRumors

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top