楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「塗りつぶされたGPSアイコン」と「白抜きされたGPSアイコン」の違いについて

GPS-ICON (1)
スポンサードリンク

iPhoneのステータスバーに表示される矢印型のGPSアイコンには、「白色或いは黒色で塗りつぶされたアイコン」と「白抜きされたアイコン」の2種類があります。これらのGPSアイコンは似て非なるものですが、いまいち具体的に何が違うのか知らない方も多いのではないでしょうか?

白色或いは黒色で塗りつぶされたGPSアイコン

1_gps

白色或いは黒色で塗りつぶされたGPSアイコンは、現在進行形でGPS(位置情報)を使用していることを表しています。例えば、マップアプリなどの位置情報ありきのアプリを起動すると塗りつぶされたGPSアイコンが表示されます。

白抜きされたGPSアイコン

2_GPS

「白抜きされたGPSアイコン」は、ジオフェンス機能によりGPS(位置情報)を使用していることを表しています。

「ジオフェンス」とは?

3_GPS (1)

スポンサードリンク

ジオフェンス機能は、アプリ側が予め設定したエリア(境界)にユーザーが足を踏み入れると、場所に応じた通知を受け取ることができる機能です。実際にジオフェンス機能を活用したアプリも既に登場しており、スーツ専門のチェーン店「洋服の青山」の公式アプリの場合、ジオフェンス機能を使用して店舗案内やクーポンといった情報の通知を配信しているようです。

自社アプリの開発にあたり、藤井氏が求めた条件の一つはジオフェンス機能。「洋服の青山」の周辺エリアにアプリをダウンロードした顧客が入ると、店舗の案内やクーポンなどの情報を自動で配信するというものだ。
引用:アドタイ

洋服の青山公式アプリ以外にも、Apple Storeアプリなんかもジオフェンスに対応しているようです。

位置情報を使用しているアプリを特定する

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」を開き、アプリの名前右横に表示されるGPSアイコンの種類によって、位置情報を使用しているアプリを確認することが出来ます。
4_GPS_up (1)

  • グレーのGPSアイコン:過去24時間以内に位置情報を使用したアプリ
  • パープルのGPSアイコン:位置情報を最近使用したアプリ
  • 白抜きのGPSアイコン:ジオフェンスを使用しているアプリ

バッテリーを節約したいのであれば、ジオフェンスを使用しているアプリ(白抜きのGPSアイコンが表示されているアプリ)の権限を「このAppの使用中のみ許可」や「許可しない」に変更すると良いです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top