楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】あとでダウンロードしたいアプリを自宅到着時にリマインダーで受け取る方法

Reminder (1)
スポンサードリンク

外出先で100MBを越えるような容量の大きい気になるアプリを見つけた際に、その場でモバイルデータ通信を使ってダウンロードするのでは無く、帰宅後にWi-Fi環境でダウンロードしたいことってありませんか?

今回はそんな時に便利な小技「あとでダウンロードしたいアプリを自宅到着時にリマインダーで受け取る方法」をご紹介します。帰宅後にストアでアプリを再び検索する必要も無くなりますし、通知する時間帯を設定する訳では無いので、帰宅時間が定まらない場合でも安心して使える小技です。

あとでダウンロードしたいアプリをリマインダーで受け取る方法

  1. 最初にリマインダーアプリを起動して、「+」→「リスト」の順に専用のリストを作成します。(名前は任意)
  2. 5_ReminderAdd_up (1)

  3. 帰宅後にダウンロードしたいアプリのストア画面を開き、共有メニューから「リマインダー」をタップ。
  4. 1_ReminderAdd_up (1)

  5. 「オプション」→「リスト」で手順1で作成したリストを選択し、「指定場所で通知」をオンにして「場所」をタップ。
  6. 2_ReminderAdd_up (1)

  7. 検索ボックスに自宅住所等を入力して「< オプション」→「追加」の順にタップ。
    ※ 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「自分の連絡先」で、自宅住所を入力した自身の連絡先を設定しておくことで、候補の「自宅」から簡単に設定することができるようになります。
  8. 3_ReminderAdd_up (1)

  9. 自宅に到着するとリマインダーで通知が届くので、リマインダーのApp Storeアイコンをタップするとストア画面が開きアプリをダウンロードすることができます。
  10. 4_ReminderAdd_up (1)

もし気になるアプリを書き留めておきたいだけ(通知が不要)なのであれば、標準メモアプリを使った連携技が便利です。App Storeのウィッシュリストでは有料アプリしか登録できませんが、こちらの連携技であれば無料アプリも書き留めることができます。

【iPhone】メモを無料アプリの登録ができるウィッシュリストとして使う方法【iPhone】メモを無料アプリの登録ができるウィッシュリストとして使う方法

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top