楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS9】iPhoneのSafariで開いたWEBページをPDFで保存する方法

cat
スポンサードリンク

今回はiPhoneのSafariで開いたページをPDFで保存する方法を解説します。
以前まではサードパーティアプリのインストールが必須でしたが、iOS9では標準アプリのiBooksがApp Extension(共有メニュー)に対応した為、サードパーティアプリを一切インストールせずに、WEBページをPDF形式で保存することが出来るようになりました。

iBooksでPDF保存するとデバイス同士で共有できる

iBooksでWEBページをPDF化すると、共通のApple IDを使用しているデバイスであれば、同じPDFをiBooksで閲覧することが出来るので、外出先でiPhoneを使って料理のレシピをPDF形式で保存して、帰宅後にiPadでレシピを確認する..といった使い方も可能です。

WEBページをPDFで保存する手順

Safariの共有ボタンをタップし、メニューから「PDFをiBooksに保存」をタップ。
1_ibooks

自動的にiBooksが起動し、保存したWEBページのPDF版が開きます。
iBooks上で左右にスワイプすることで、ページをめくることが出来ます。
※ 保存後もブラウジングを続けるのであれば左上の「Safariに戻る」をタップ。
2_ibooks

料理のレシピ以外にも、いざという時に役立ちそうなヘルプ関連の情報などもPDFで保存しておくと役立つ時が来るかもしれません。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top