楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「iPhoneを探す」を画面操作せずにリモートでオフにする方法

cat (1)
スポンサードリンク

今回はiPhoneが画面割れなどで操作が出来なくなった際に「iPhoneを探す」をオフにする方法を解説します。
故障してしまったiPhoneを修理に出す際には、iPhoneを探すをオフにすることが必須となっているので、覚えておくと万が一の時に役立つかもしれません。

iPhoneを探すをWEBからオフにする

iPhoneの画面操作が出来なくなったときは、ウェブ版iCloudを使用することで”iPhoneを探す”を簡単にオフにすることが出来ます。

※ これから解説する手順を進めるとデバイスのデータが完全消去されます。
手順を進める前にiTunesなどでiPhoneのバックアップを行ってください。

PCなどでウェブ版iCloud(https://www.icloud.com)を開いて使用しているApple IDでサインイン。
1_findiphone

「iPhoneを探す」をクリック。
2_findiphone

「すべてのデバイス」からiPhoneを探すをオフにしたいデバイスをクリック。
3_findiphone_

「iPhoneの消去」をクリック。
4_findiphone_

「消去」をクリック。
5_findiphone_

Apple IDのパスワードを入力し「次へ」を何度か押して最後に「完了」をクリック。
※ 紛失時を除いて電話番号やメッセージの設定は必要ありません。
6_findiphone_

右上のボックスに”消去済み”と表示されたら「アカウントから削除」をクリック。
10_findiphone_

「削除」をクリック。
11_findiphone_

以上で”iPhoneを探す”の解除は完了です。

iPhoneを探すは紛失時に便利な機能ですが、こういった時は逆に面倒かもしれませんね。
もし「PCは無いけど別のAppleデバイスがある」といった状況の場合は、Appleがリリースしているアプリ版iPhoneを探す(無料)を利用するのも1つの手です。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top